« 2/14:茅ヶ崎の熊澤酒造、2/15:鎌倉のカフェ「一花屋」にて、イベントのお知らせ | トップページ | ある日、森の中、くまさんに出逢った。 »

2015-05-22

オレゴン州のポートランドに行くチャンスをもらった。

貝印株式会社の社内誌FACT Magazine創刊号の取材班として。

5年ぶりのアメリカ。

自分の生まれた国。

1日だけだったけど、出生地のシアトルにも行ってきた。

シアトルは23年ぶり。 逢いたかった友達家族にも逢えた。

アメリカ。

最近、ネットの情報で頭デッカチになってて、「アメリカ」はもしかして、右傾化している怖いとこなんじゃーないか?と思ってた。

でも今回ぼくが感じたアメリカは、なんだか、「60年代の古き良きアメリカ」、ハリウッド映画で観る、「みんなの憧れのアメリカ」は、もしかして、こんなんだったのかも?!と思う位に、活気に溢れた、創造力に溢れた、未知の可能性に溢れた、そんなアメリカだった。

勿論、旅人目線。そこは奥深く入っていけば、日々の生活に苦悩する、隠れたアメリカもあったはずだ。

でもとにかく、アメリカから帰ってきて10日経った今も、心の一部は未だ、アメリカに置いてきた感じ。

「あんた、何なんだよ。そんなにおいらの心を奪っちまって」。って言いたいくらい。

ポートランドは、「歩いて楽しめる街」だったのがビックリした。

全てが大味(と思ってた)アメリカに、あんなに小気味良い街があるなんて。

地ビールが美味しすぎて、飲みすぎた。

それだけじゃーまずい。と、森を歩きに行ったら、流石、ナイキのお膝元。ナイキをオシャレに着こなしたレディース&ジェントルマン達が、昼間っから楽しそうに走ったり、歩いたりして、森が大人の社交場になってた。

これは新発見。 そうか、森は、イケてる街では、「大人の社交場」だったのか。

このコンセプトはいける。

と一人、ほくそ笑みながら、北海道は三笠の森に帰ってきたのでした。

ポートランドの写真は、こちらで。

そしてそして、 6月26日には、大阪にて、今年二回目となる講演会。

http://shigotoba-base.com/event-archive/#campus

「氣合い」 で臨みます。

ので、大阪界隈のご縁のある皆さまにお逢い出来ること、楽しみにしてます。

三笠の「森かえる」 いよいよのスタートです。

ケロっとイキイキ!

今日の合言葉は、 「森は大人の社交場」 でした。

|

« 2/14:茅ヶ崎の熊澤酒造、2/15:鎌倉のカフェ「一花屋」にて、イベントのお知らせ | トップページ | ある日、森の中、くまさんに出逢った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15883/60092760

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 2/14:茅ヶ崎の熊澤酒造、2/15:鎌倉のカフェ「一花屋」にて、イベントのお知らせ | トップページ | ある日、森の中、くまさんに出逢った。 »