« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013-06-29

阿蘇の森だより

阿蘇の森に住む健吾さんとのぶちゃんの処に来てもうすぐ2週間。

直径6mのドームテントでオフグリッド(送電線の無い)な暮らし。

ロケットストーブ、太陽光発電。

そして秘密兵器の発電鍋。

今回、キャラバン用にTESニューエナジー社より、ファイヤーパワー40という、とってもスペシャルな発電システムをお借りすることが出来ました。

「これぞ21世紀の森暮らし」。

の智慧を満載したキャラバンに向けて、阿蘇の森での楽しい日々。

今回のキャラバン車、オフグリッドな森暮らしを提案するのに相応しい車を準備すべく、交渉中です。

キャラバンの本格スタートは8月。

7月中旬までには詳細を発表。

皆様、楽しみにして居てくださいませ!

先日の、福岡県糸島にてユナイテッドピープルの関根健次くんが主催してくれた映画上映会/トークも、こじんまりと大成功。

皆、ロケットストーブと発電鍋の実演に釘付けでした。

明日は、アンナプルナ農園にて上映会/お話会をやらせて頂くことになりました。

今、健吾さんとのぶちゃんが住んでいる森は、「木を植えましょう」の著者、正木高志さんの森。

正木さんともゆっくりお話する機会を頂けて、超贅沢な森暮らしをさせてもらっています。

すっかり阿蘇の森の虜になってます。

以下、明日のイベント詳細文、アンナプルナ農園のotoさんが作ってくれたものを添付します。


======

中渓宏一さんのトーク・ライヴ@アンナプルナ農園/告知用

映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』上映キャラバン出発前記念
中渓宏一さんのトーク・ライヴ@アンナプルナ農園(熊本県菊池市)

日時:2013年6月30日(日曜日)
場所:アンナプルナ農園
住所:熊本県菊池市原4490
時間:12時~(昼食時間)
   13時~(中渓宏一さんのお話)
料金:1000円(お茶付き)
お問い合わせ:090-7397-2013(オト)
企画:JayMa TV

311福島での原発事故の後、家族4人で移住したパタゴニアでの話、そこでこれから始まるオフグリッドスクール「森かえる」を開校する話などをお聞きしたいと思います。電気の届かない環境でも、自然の恵みを活かして自分達で電気を創りだし、豊かに暮らすことが出来ることを体感する学び舎についてシェアリングしましょう。

昼食時間ではランチ・プレート(別料金)をご用意しております。希望の方はこの時間にお召りできるようにお越しください。よろしくお願いします。

○中渓 宏一さんのプロフィール
「地球上の何処に居ても生きて行ける人間になりたい!」と2000年に放浪の旅を開始。南アフリカでのアースウォーカーとの出逢いを機に、「地球を歩く、木を植える」旅をスタート。2011年に家族四人でパタゴニアに移住、自給自足を目指して一歩づつ前進中。2007年人間力大賞特別賞受賞、著書「地球を歩く、木を植える」(エイ出版社)

***********************************************
●パタゴニアに暮らす中渓宏一さんが日本全国をキャラバン上映!

2013年7月初旬から11月上旬までの4ヶ月間は、パタゴニア在住でパタゴニアでオフグリッドスクール「森かえる」 を開校予定の中渓宏一さんがBDF(バイオディーゼル燃料)車に「森かえるハウス」を搭載し、映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』上映会を日本各地で実施しながらキャラバン予定です。

●オフグリッドスクール「森かえる」開校計画
チリ南部パタゴニアの2ヘクタールの土地を活用して、オフグリッドスクールを開校します。開校は2014年12月。「視界に広がるのは大自然のみ」という環境で、自然の恵みを最大限に活かして生きる智慧を学ぶ場を創ります。
「オフグリッドスクール」。つまり送電線が無く電気の届かない環境でも、自然の恵みを活かして自分達で電気を創りだし、豊かに暮らすことが出来ることを体感する学び舎。太陽光、小川の流れ、風、調理や暖を採る際の火力を使って電気を創る術を体感しながら、大自然の中で楽しく学ぶ場です。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-06-18

お陰さまで、九州まで来たピョン!


九州の福岡、海の見える友達の家/オフィスでこのブログを書いてます。

ここは健次くんの会社、ユナイテッドピープルのオフィス兼、健次くん一家の家。

福岡の中心部から地下鉄で20分弱。砂浜まで徒歩10分。車で20分程走ると、糸島っていう隣の市に行けて、
そこの海は透き通ってる。日曜日の午後に釣りをしたら、豆アジが入れ食い状態。豊かな海。

やっぱり海が見える生活、いいなー。

小樽のドームハウスに住んでいた時は、毎日、日本海を眺めてた。

世界に繋がる海。ぼーっと眺めているだけで落ち着く。潮風ってやっぱり気持ち良い。

さてさて、2年振りに帰国して一ヶ月以上が経ち、嬉しい、有り難い出逢いの連鎖が始まっています。

先週の土曜日には、2年振りのお話会を神戸の茅葺き屋根のコミュニティースペース、神戸ビレッジで開催。

アースデイ北海道の仲間、かっぱちゃん夫婦の太鼓仲間が集まってくれて、ジャンベと太鼓で気持ちよくスタート。
パタゴニアの電気無し、水道無しの暮らし、そこで感じたこと、そこから産まれた夢。自然体で伝えることが出来た。

やっぱり「自然体」で居れることって幸せなこと。

たった数時間の出逢いだけど、会が終わった後は「また皆に逢いにここに戻ってきたい。」と思う。

この感じ、久しぶりだった。

かっぱちゃん、裕美子ちゃん、あの夜集まってくれた皆さん、ありがとう!

あの夜みたいな出逢いを一つ一つ丁寧に繋いで行けば、きっと夢は叶う。

鎌倉、大磯、二宮、東京、札幌、小樽、蒲郡、湯谷、名古屋、松阪、宮川村、淡路島、大阪、京都、神戸、福岡。

家族、友人を頼りに、移動を続け、皆に支えられて九州まで来れた。

途上、多忙な時間を割いて、たくさんの企業の方達、行政の方達が逢ってくれた。

日本は一流の人と技術で支えられている国だってことを体感させてもらってる。

いよいよ今日は阿蘇の健吾さんに逢いに行く。

健吾さんとのぶちゃん。

これから始まる、「森かえる」の、もったいないジャーニー(MJ)のパートナー。

森と人の共生プロジェクトチーム
「森かえる」
の旅、

「もったいないジャーニー(MJ)」

「もったいない」という、古来日本人が持つ、自然と共生する感覚、智慧を表す言葉をキーワードに、日本各地を巡る旅。

テーマは
「オフグリッドな森暮らし」

日々進化を続ける「森かえる」プロジェクト。

「人類と森の共生」という、でっかい夢を掲げて、出来ることから一歩づつ。

今日もケロッと行ってきます!

追伸:7月5日~7日に福岡で開催されるユナイテッドピープルの映画祭のプロモーション映像が超格好良い!
これは必見でございます。




写真:御伊勢参りをした時に出逢った、夫婦岩のある二見神社に住むカエル一家。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-06-17

オフグリッド上映会 6/23、開催場所変更のお知らせ

6月23日の福岡イベント、場所と時間が変更になりました。

オフグリッドの上映会、記念すべき第一回目。

場所は糸島市の海際の気持ち良いカフェ予定地。

近郊の皆様、是非おこしくださいませ。



6月23日、ドキュメンタリー映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』の上映会を糸島市のカフェワルツ(建設中)で上映します。上映後は、パタゴニアから帰国中の中渓宏一さんと、ユナイテッドピープル関根が対談。その後は交流会となります。

今回の映画上映会はオフグリッド上映会!ソーラー発電で充電したバッテリーを使用予定。プロジェクターは小型LEDプロジェクターを利用します。

開始時間が日中であり、かつ建設途中の、壁も完全にできていない「納屋」の状態での上映となります。恐れ入りますが、実験的な上映会となりますことをあらかじめご了承のうえご参加ください。(椅子ではなく、ヨガマットや敷物を敷いての上映となります)

●映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』について

”人々にパワーを” これこそ究極の民主化といえるでしょう。

『パワー・トゥ・ザ・ピープル』には、オランダで再生可能エネルギー普及に取り組む活動家や、10年かけてデンマークのサムソ島を100%クリーンエネルギー化を実現し、2008年にTIME誌の「環境ヒーロー」に選出されたソーレン・ハーマンセンの取り組みなどを紹介する、私たちに勇気や力を与えてくれる明るいビジョンに満ち溢れたドキュメンタリーです。
http://unitedpeople.jp/p2p/about

どうぞ多くの皆様のお申込みをお待ちしております。

■日時
2013年6月23日(日)15:00-18:00 (14:30から開場)

■場所
福岡県糸島市志摩芥屋741-1-2 (芥屋大門、大祖神社斜め向かい)
http://bit.ly/19HHNxs
※芥屋大門行きバスが筑前前原駅から出ていますが本数は限られています。
※駐車スペースございます。

■連絡先
070-6965-1556 (ウィルコム)

■プログラム
『パワー・トゥ・ザ・ピープル』 上映
中渓宏一さんx関根健次 対談
交流会

■料金
ドリンク付き 1,000円

●カフェワルツについて
ワルツを踊るように楽しくそしてゆったりした。そんな場所をイメージして名付けました。オープンに向け、手作りでリノベーションをしています。
https://www.facebook.com/cafevalse/


●中渓 宏一(なかたに こういち)

「地球上の何処に居ても生きて行ける人間になりたい!」と2000年に放浪の旅を開始。 南アフリカでのアースウォーカーとの出逢いを機に、「地球を歩く、木を植える」旅をスタート。 2011年に家族四人でパタゴニアに移住、自給自足を目指して一歩ずつ前進中。 2007年人間力大賞特別賞受賞、著書「地球を歩く、木を植える」(エイ出版社)
http://www.seedman333.org/

●関根 健次(せきね けんじ)

ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事

1976年生まれ。ベロイト大学経済学部卒業(米国)後、主にIT業界に勤務。2002年にユナイテッドピープル株式会社を創業し、世界の課題解決を目指す事業を開始。募金サイト「イーココロ!」を運営。2009年から映画配給事業を開始。2011年から一般社団法人 国際平和映像祭を設立し国連が定めたピースデー9月21日に合わせてUFPFF 国際平和映像祭を主催している。バングラデシュのストリートチルドレン支援NGOエクマットラ日本窓口を担当。2011年4月にはエクマットラと共にストリートチルドレン支援目的のレストラン「ロシャヨン」をバングラデシュ、ダッカにオープン。2012年、インターFMスペシャルプログラム番組「UNITED FOR PEACE」で番組MCを共同担当。著書に「ユナイテッドピープル」。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-06-14

6月15日、神戸でのイベントのお知らせ

6月15日、友人が企画してくれたイベントのお知らせです。

上映する映画は、6月末からのキャラバンで使用する映画とは別のもの。南アフリカで製作されたドキュメンタリーを字幕無しで上映します。皆様、是非ご参加くださいませ!


=========

地球木族・中渓宏一プレゼンツ
「“森かえる”のモッタイナイじゃーにー(MJ)始まるよ! in 神戸ビレッジ」
場所 神戸ビレッジ  
*駐車場は限りがありますので、出来るだけ公共交通機関をご利用ください。
参加費 500円(中学生以下は無料) *要申込(申し込み先は最後に)
内容(予定)  
○ドキュメンタリー「Power to the people」の上映会
再生可能エネルギーの導入で先進的な取り組みをしている南アフリカの様子をレポートしたドキュメンタリー映像を上映。字幕なしのため、中溪氏の特別解説付きです!
○パタゴニアでの暮らしの紹介
雄大な大自然やまさにオフグリッド(電気の無い暮らし)な暮らしの様子を紹介します。
・“森かえる”のモッタイナイじゃーにーの紹介
“森かえる”のモッタイナイじゃーにーとは何か?その活動が皆さんとどうつながっているのかをお話しします。
・交流会
中溪氏を囲んで、気軽にお話ししましょう。
出来れば、何か食べ物があるとお話が進みますので、一品持ち寄りしていただけると嬉しいです!

○「森かえる」のモッタイナイじゃーにーとは?
「森かえる」プロジェクトのことを広く日本の方々に知ってもらうために「森かえる」のモッタイナイじゃーにーを計画中。テーマは「もったいない」と「オフグリッド(送電線無し環境)」デンマークで100%自然エネルギーを実現したサムソ島の取り組みなどを紹介するドキュメンタリー映画「Power to the people」の上映会をしながら、自然エネルギーを最大限に活用した「21世紀の森暮らし」を提案するキャラバン。ドームテント、太陽光パネル、発電鍋、ロケットストーブなど、快適な森暮らしを実現するキットを満載、日本の皆さんの智慧を頂きながら、このキットをどんどん進化させて行きます。また、これらのキットは災害時も役立つので各地の小学校で紹介し、次世代の子供たちに災害を乗り越えてたくましく生きる知恵を伝え、かつ自治体にも積極的に提案し、災害に強い地域づくりへと繋げていきます。
〇中溪宏一プロフィール
6年間の商社勤務の後、世界放浪の旅に。途上、地球を歩き、木を植える男、英国人のアースウォーカーことポール・コールマン氏に出逢い、彼と共にアフリカ大陸を歩き、木を植える。その後、活動の場を日本に移し、自身でも「地球を歩く、木を植える」活動を開始。日本列島を二回、徒歩で縦断して、主に小学校での植樹活動を続ける。2011年よりはチリのパタゴニアに移住。パタゴニアの森から始まる森づくり、「森かえる」プロジェクトを展開中。
 企画及び問合せ・参加申し込み先
 かっぱ企画(大川) 
TEL090-5229-3459 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013-06-01

「森かえる」キャラバン 6/23福岡にてイベントのお知らせ

いよいよ今月末から、日本列島をキャラバンで巡る旅が始まります。

パタゴニアの大自然の中で暮らす中、一つのプロジェクトが産まれました。

「森かえる」プロジェクト。

太古の昔、人間は森に溶け込んで、森の恵みを頂きながら、森と共存していた筈。

21世紀の智慧を最大限に活かして、家族、仲間と共に、

「21世紀型の森に溶け込む暮らし」を実現する。

それが「森かえる」プロジェクト。

このプロジェクトのキーワードは「もったいない」。

ものの有り難さに感謝して、大切に使う心。

大自然と調和して暮らして来た日本人の智慧。

この日本人の智慧が集結したものの一つが、日本の優れた環境技術。

太陽光、水力、風力、水素ガス、発電素子など。

この智慧を上手に活用すれば、送電線が無い自然の中でも、豊かなに暮らすことが出来る。

これを巷では、「オフグリッドな暮らし」と呼ぶ。

6月末からスタートする「森かえる」キャラバンでは、そんな智慧をどんどん吸収しながら、素晴らしい智慧を持った人同士が繋がって行く仕組み創りもして行きたい。

そして今、更なる夢が産まれました。

11月下旬、横浜港を出発するピースボートにこの「森かえる」キャラバンが乗り込み、世界中の港で「オフグリッドな暮らし」の智慧を交換しながら、南米大陸、パタゴニアを目指す。

チリ到着は1月下旬。

南米大陸に上陸した「森かえる」キャラバンがどんな進化を遂げて行くのか。

そんなワクワク感を満載して、6月末、九州から「森かえる」キャラバンがスタート!

キャラバンのメインイベントは映画の上映会。

「パワートゥーザピープル」という、オフグリッドがテーマのデンマークの映画。

6月23日、博多にて、この映画を観ながら、この映画の配給元ユナイテッドピープル社の代表、関根健次氏と「森かえる」プロジェクトの未来について語ります。

■日時
2013年6月23日(日)18:00-21:00 (17:30開場)

■場所
FUCA 福岡市中央区平尾3-17-13

■プログラム
『パワー・トゥ・ザ・ピープル』 上映
中渓宏一さんx関根健次対談
懇親会

■料金
1ドリンク付き 2,000円
(ワイン か ソフトドリンク)


その後、九州からゆっくりと日本列島を北上する「森かえる」キャラバン。

「わたしの街にも。」とか、「ここのこの人に逢いに行って」など、皆様からのお便りを待ってます。

中渓宏一 (ナカタニコウイチ) seedman333☆gmail.com   (☆を@に変えてください)

ケロッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »