« 徒党をくむ犬たち | トップページ | パタゴニアの子牛 »

2011-05-09

一心、保育園へ

一心、保育園へ

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'}
p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; min-height: 18.0px}

先週の金曜日から長男の一心(3歳)が地元の保育園に通い始めた。


今住んでいる家から歩いて3分。


そしてなんとタダ!


チリの懐の深さに感激。


2週間位前に保育園に行き、パスポートを見せて申請書を作ってもらった。


たったそれだけ。


ぼくたちは住民申請も何もしてない、単なる旅人状態な訳だけど、その子供を無償で受け入れるチリのシステムは凄い。


そして木乃実さん曰く、医療費も一定収入以下は無料ということ。


パタゴニアは特に移住者を求めているから色々優遇されているみたいだけど、


総人口1700万人のチリは、国民のケアが行き届いてる。


この絵は、一心が初めての保育園で書いたお母さん。


良く書けてるー。

|

« 徒党をくむ犬たち | トップページ | パタゴニアの子牛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15883/39918892

この記事へのトラックバック一覧です: 一心、保育園へ:

« 徒党をくむ犬たち | トップページ | パタゴニアの子牛 »