« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010-10-31

11月3日、さいたま市にて、伝説のイベントのお知らせ

伝説のイベントのお知らせが友達から届きました。


内容を見て、これは確かに伝説になりそう!と納得してしまったので、転載します。

ぼくたち家族は明後日から、てんつくマン主催の植林ツアーに参加する為に南アフリカに行きます。

そのてんつくマンも第二部でお話するこのイベント、ぼくも近くに居たら参加したいイベント。


それにしても、てんつくマンの動きって目が離せないなー。

以下、友人からのメールの転載。

そして、転送大歓迎です。

11月3日は是非、皆様、さいたま市へ!


■■■■■■■■■■ 


 生まれた意味って 
   何だろう? 

〜生まれる・笑う 
   亡くす・許す〜 

@市民会館おおみや 

■■■■■■■■■■ 


『男に生まれたのに、 
男が好きで、 

生まれた意味なんてわからなくて、 

生まれた意味なんて無いと思ってて… 

けど、 
あったんだよね。 

生まれた意味。 


それを知ったとき本当に嬉しくて、生きてていいんだって、生きてる意味があるんだって、 

世界が変わって幸せ感じて、自分を許すことができたんだ。 

だから伝えたい。 
誰にでも生まれた意味があるってこと。』 


────────── 
テーマ1【生まれる】 
講師:岡野眞規代 
────────── 

レイプ被害に遭い、リストカットが止まらくなった女性。 


その女性の心に、【一瞬で命の炎を灯した写真】があります。 

それを見せてくれるのが岡野眞規代先生。 

自然分娩を推奨する吉村医院の元婦長さんです。 

《脳を持たないで生まれた赤ちゃんの話》は、多くの人に感動と生きる希望を与えています。 


───────── 
テーマ2【笑う】 
講師:てんつくマン 
───────── 

山崎邦正の元相方。 

それがてんつくマン。 

現在は映画監督をしているのだけれど、その初監督作を手掛けたとき 

・騙されて800万借金 
・二日連続交通事故 
・事務所が火事に遭う 
・撮影直前に仲間が倒れて撮影無期延期… 

という、どん底の底を経験する。 

しかし、最終的に映画は完成し、今は多くの人に囲まれて笑顔でいる。 

…なぜ? 

笑えない道を歩み、誰よりも明るく笑えるようになった理由をここで話してもらいます。 



───────── 
テーマ3【亡くす】 
講師:池川明 
───────── 

「流産には意味があるんです」 

そういわれたら、あなたはどんな反応をしますか? 

流産の【原因】があるのはわかるでしょう。 

でも流産の【意味】ってどういうことだと思いますか? 


実はこんな話をしてくれた子がいるんです。 

「今ママのお腹にいるのはトラくんだよ! 


トラくんはボクがお空にいたときに、先にママのとこ行って、神様に怒られて連れ戻されたんだ。 

トラくんはボクにそっくりな顔で同じAB型なの!」 

その子は、2歳のときからお母さんに、 

「ボクはお空にいたんだよ! 

そこで、お母さんが優しそうだから選んで来たの!」 

そう言ってくれてました。 

そのときは「子どもの話」と思っていたけれど、今回は少し違う。 


だってお母さんは、確かに一度流産していたのですから。 

そして、生まれた子は、その子にそっくりなAB型の男の子だったのですから。 

この話が本当なら、流産も不妊も、自分の知らない意味があるということ。 

そして、 

そんな【子どもの空にいたときの記憶】を研究しているのが、横浜で自然分娩をされている池川明先生なんです。 

実は、 
「お空にいたよ!」 

「ママを選んで来たの!」 

という子どもはすごくたくさんいるんです。 

これは【胎内記憶】といわれ、池川先生はその研究の第一人者。 

その池川先生に、流産や不妊について、お話いただきます。 

※トラくんの流産の話はhttp://babylion.boy.jp/tensi.htmでご確認いただけます(「胎内記憶 流産」と検索しても出てきます)。インターネットで胎内記憶と検索すれば、様々な事例が出ます。人生観が変わるような話がたくさんあるので、ぜひ調べてみてください。 



──────── 
テーマ4【許す】 
講師:山本英利 
──────── 

同性愛者として生まれ 

『なんでこんな体に生まれたんだよ。』 

『なんでこんな体に生んだんだよ。』 

18年間、晴れない霧が立ち込めていました。 

そんな中、自分も親も許せたことがあったんです。 

そのときの話をさせていただきます。 



───────── 
【フィナーレ】 
バンド名:おかん 
───────── 

歌で泣いたことはありますか? 

涙腺が強い人でも知らない間に涙が流れてしまう歌を歌うバンドがいます。 

それが【おかん】。 

10代から60代までファンのいるロックバンドといったら、彼らくらいではないでしょうか? 

最後のフィナーレを飾ってもらいます。 



さて… 
それが11月3日のイベント全容です。 

でも、今回は内容だけが伝説じゃありません。 

価格も伝説です! 

なんとなんと、ここまで揃って、入場料がたったの 

【500円】!!! 


なぜなら、実はこのイベント、感動募金制という形を取っているのです。 

イベントに参加したあと、感動していただいた分だけ後で募金を集める。 


それが感動募金制。 

もちろん、イベントに感動できなかった場合は1円でお帰りいたいても結構です。 

※一人500円いただければ採算が取れる計算になっています。 

※黒字になった分は、全て来年の3500人イベントの資金に充てさせていただきます。 


本当に伝説になるイベント。 

チケットは【10月上旬】で売り切る予定です。 

定員に達した時点で販売を止めますので、お早めにお申し込みください! 


※なお、イベント内容をさらに知りたという方のため、http://ameblo.jp/kaichiou/entry-10650677623.htmlに詳細を書きました。ご活用ください。 

■日時■ 

2010年11月3日(祝日) 
15:30開場 
16:30開演 
16:45第1部 
17:30第2部 
18:30休憩 
19:00第3部 
19:45第4部 
20:00第5部 
20:30終演 


■場所■ 
さいたま市民会館おおみや 
〒330-0844 
さいたま市大宮区下町3-47-8 
0486416131 

■定員■ 

1,350人 

■料金■ 
500円+お気持ち 
(感動募金制) 

■お申し込み■ 
http://my.formman.com/form/pc/JcAHNFJeGXLA7o5Y/にアクセスし、必要事項を記入してお申し込みください。 


※メールの返信内容はよくお読みください。 

※事前キャンセルは無料。 
当日キャンセルは500円をいただきます。 

■お問い合わせ■ 
ご質問などは 
09061784191 
team.masaka@gmail.com 

(担当:山本) 
にて受け付けております。 
※誠に申し訳ありませんが、今回託児は受け付けておりませんので、よろしくお願い申しあげます。 


このイベントは完全ボランティアですが、キャスト全員、伝説になるおもてなしを致します。 

誘導が手品するなんて、普通はありませんよね? 

会場にピエロがいるイベントを見たことありますか? 

ゲストのみなさんに楽しんでいただけるよう、全キャスト、心を一つにしてお待ちしております! 


どうぞよろしくお願い申しあげます! 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました! 

【チームまさか一同】 

--
May the sun shine in your universe!

中渓 宏一(なかたに こういち)

http://www.seedman333.org

http://www.kaitouchearth.jp/
http://www.earthrec.jp


著書:「地球を歩く、木を植える」
エイ出版社
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=1619




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-23

今日、小樽で地球市民会議、明日は代々木公園のアースガーデン

快晴の小樽。目の前の海は1年で一番位に、めちゃ透き通ってます。


泳ぎたい! けどちょっと気合不足で窓からそんな海を眺めてます。

お知らせ:その1

さて、今年で三年目。きくちゆみさんと松本英揮さんという日本を代表する二人の環境、平和活動家を小樽にお呼びしての「地球市民会議2010@小樽」を今晩、開催します。

お近くにいらっしゃる方、これは見逃せないチャンスですので、是非!! (詳細は下の方をご覧下さいませ)

お知らせ:その2

明日、代々木公園の「アースガーデン秋」にて、午後3時から、メインステージ横で、最近のぼくのメイン活動となっている、貝印株式会社さんとの環境活動、「カイタッチアース」とはどんな活動なのか、この動きの相棒、ゴージ・パンダ・イサオと共にお話させて頂きます。


東京近郊の方は是非お越しくださいませ!!


お知らせ:その3

ワールドシフト大阪という素晴らしいイベントがあります。11月13日、14日。大阪万博跡地にて。主催の鈴木翔太くんと昨年初めて逢いました。葦舟の石川仁さんの紹介で。


翔太君、無茶しっかりしていて、現役の学生とは思えません。実際、学生しながら既に仕事もしていて、ぼくが学生の頃とは比べられない、大人な視点で社会を見ている感じ。

で、翔太くんが仲間と立ち上げたのが今回のイベント。

とにかくゲスト陣がスゴイ!良くこんな人たち集めたね。翔太くん。あんたはスゴイ!


ワールドシフトって言葉は、今日、明日、アースガーデンでもお話する谷崎テトラさんから教えてもらいました。

目からウロコのワールドシフト。

皆で大事な情報を共有、そこから具体的な行動に移してワールドシフト!でございます。

大注目イベント!



ということで、秋の注目イベント3つのお知らせでした。

皆様、引き続き、楽しい秋をお過ごしくださいませー。



以下、今日のイベントの詳細です。

============


地球市民会議2010@小樽


今年で3年目になる地球市民会議@小樽。今年も環境活動家の松本英揮さんときくちゆみさんのお二人にお越し頂き、地球の現状をレポートして頂きます。


世界中を駆け巡る環境活動家の二人が一同に会する又とないチャンス。皆様、ふるってご参加下さいませ!


日時:2010年10月23日午後6時〜午後8時半まで


講演者:松本英揮さん、きくちゆみさん


会場:小樽市公会堂、和室


会費:千円


主催:地球を歩く、木を植える事務局 


連絡先:地球を歩く、木を植える事務局 代表:中渓 宏一
seedman333@gmail.com / 080-1298-2153


プログラム(仮案)



18:00〜オープニング(森田玄さんの歌)

18:15〜19:00 きくちゆみさんのお話

19:10〜19:55 松本英揮さんのスライド&トーク

20:00〜20:30 きくちゆみさん×松本英揮さん×ゲスト(☆小樽で環境活動されている方) クロストーク


(☆:千年の森の方、ほっかいどう海の学校の方にご参加頂けると嬉しいです!)






=============





きくちゆみさん プロフィール

1962年東京生まれ。環境と平和をテーマに書き、訳し、話す。
マスコミ・金融界を経て90年より環境問題の解決をライフワークに。

森田玄さんと二人で改装した鴨川の築200年の家を「ハーモニクスライフセンター」として開放、
自然療法や自然食のワークショップを開催したり、平和や環境をテーマに

日本全国・世界各地で講演している元気一杯の四児の母。
著書に『地球と一緒に生きる』『バタフライ』

『ハーモニクス・ライフ 自然派生活のすすめ』他多数。【きくちゆみさんのブログとポッドキャスト】

http://kikuchiyumi.blogspot.com/


===============

松本英揮さん プロフィール
エコロジスト

1960年9月24日宮崎市生まれ。  
環境NPO H-imagineひまじん代表 鹿児島大・長崎大・福岡教育大・大阪工大・大阪経済大 非常勤講師。

12歳の頃からひとり旅を始め、20歳の頃からズタ袋担いで世界100カ国を旅する。今はスライド映写機を担ぎ自転車にのって世界中で'地球のスライドショー'を開き、故郷に住み'宮崎を地球の環境首都に!'と活動しています。
玄米菜食・日本茶・裸足・ペーパレスの楽しい生活、自分で庭に井戸を掘り、風力発電でエネルギー自給の生活をしながら=地球の現実をスライドとトークで世界中に伝えています。


【松本英揮さんのホームページ】
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~ecohideki/








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-10-10

さらば雨漏り!&南アフリカ植林ツアーについて

家族4人、沖縄の旅を終えて北海道に帰ってきました。


常夏の八重山諸島から小樽へ。

かなり寒いかと思いきや、帰って来た日はまだ、半袖でオッケイ。

でも今日あたりから気温が下がって来た。

夏気分から、いきなり冬気分へ。

今日は久しぶりに薪割りしました。


薪割りって結構、無心になれるから好きです。

まだまだ北国生活新米なので、薪割りしている自分にちょっとホレボレしちゃったりして。

冬支度はヤッカイだけど、生きてるって実感も湧くので好きです。

昨日はずっと困っていた屋根の雨漏りを修理しました。

蘭越のさぶちゃんが直しに来てくれました。

我が家、ドームハウスの屋根はFRPって素材で覆われてます。

FRP。聞き慣れませんが、船の船体に使われている強化プラスチック。

ということで、我が家は骨組みは木ですが、表面はプラスチックだったわけです。

木とプラスチックという何とも凄い組み合わせですが、船と似た構造な訳です。

この家を作った徳井一郎さんはヨットを自作することを夢見ていたと、先日、一郎さんの弟さんから伺いました。

我が家は、崖の上に建つ、ドーム型の船。

で、その船体の所々にヒビが入っていたのですが、昨日、さぶちゃんに指導してもらいながら、ぼくも一緒に修理しました。

グラスファイバーのシートでヒビを覆て、上からジェル状のプラスチックを塗る。

どちらも取り扱い注意の有害物質。

オーガニックなもので代用出来れば最高ですが、それは将来、自分でドームハウスを建てる時までの研究材料とすることにして、昨日は思いっきりシンナー臭にまみれながら作業しました。


それにしても、さぶちゃんの手際の良いこと。

一番雨漏りのひどかった窓の上に、足場も無いのにロープ一本で宙吊り状態で作業してくれました。

いやー、格好いい。

夕方、日没前ギリギリに作業終了。

そして、



待ち構えていたかの如く、夜からは雨。

でも見事に雨漏り無し!!

えっらい嬉しい。

ごっつい嬉しい。

雨漏りしない家に住めるって幸せ。

さぶちゃん、あたなは誰ですか?


この日しか無いって位の絶妙なタイミングで直しに来てくれたさぶちゃんに感謝です。


さて。

11月、僕たち家族は南アフリカにてんつくマン、ポールと木乃実さんと一緒に木を植えに行きます。


あと10名、募集中です!

南アフリカの現地コーディネーターを務めてくれるのがフード・アンド・ツリー・フォー・アフリカ。ぼくは7年前、このNGOの創始者、ジュネスに出逢ったお陰で、ポールに出逢えて、そのお陰で今の自分があります。

というわけで、ぼくにとってこの植林ツアーは人生の原点に帰るような大事なツアー。

このツアーに先立って、木乃実さんが募金を呼びかけています。

募金は南アフリカでの植樹や、野菜農園作りに使われます。

以下、木乃実さんの呼びかけ文を転載します。

皆様、ご協力をお願い致します。


----------------------------------------------------


   南アフリカの子供たちに野菜畑を届けます!


-----------------------------------------------------


こんにちは。菊池木乃実です。今日はみなさんにお知らせがあ

ります。


南アフリカのNGOフード・アンド・ツリー・フォー・アフリ

カは、1994年から黒人居住区の貧困層の自給自足と自立支援の

ため、学校やコミュニティーに野菜畑を寄付し、子供たちや大

人たちが有機野菜を育て、学校給食にしたり、販売したりでき

るように支援しています。また、このプロジェクトのおかげで

、子供たちは有機野菜を食べて免疫が上がり、エイズにもかか

りにくくなりました。


そこで、去年に続き、今年も日本からのボランティアの皆さん

と一緒に南アフリカを訪問し、一緒に果樹園の植樹や野菜作り

をしてきます。昨年、ワールドカップが開催された南アフリカ

ですが、実際には貧困層はさらに増加しているそうです。そこ

で、できるだけ多くの苗を寄付できるように、みなさまにも寄

付のご協力をお願いしたいと思います。


寄付をいただいた方には、寄付した野菜畑の写真を後日メール

でお送りします。


目標は10万円。〆切は10月31日です。


一口1000円からで、一人何口でもOK.


ご希望の方は、件名に『南アフリカへの寄付』と書いて、


(1)お名前(フリガナ)

(2)希望の寄付金額


を明記の上、下記のメールアドレスまでお送りください。

折り返し、振込先をメールします。


メールアドレス

earthwalkerpc(a)yahoo.co.jp

(a)を@に変えて送信してください





みなさまからの寄付をお待ちしています!

南アフリカの子供たちの笑顔がたくさん増えますように。




ありがとうございます☆


------------------------------------------------





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »