« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008-10-20

忍路での講演会のお知らせ

忍路での講演会のお知らせ
皆様、明後日の夕方は是非、忍路での講演会にお越しください。

超特別企画です。

〜地球の本当の現状を知り、行動しよう。〜

世界で活躍する二人の環境活動家の特別講演会
きくちゆみさん、松本英揮さんが小樽にやって来る!

この度、小樽市忍路にて、世界で活躍する環境活動家のお二人が講演会を開きます。
世界の現状を自分の目で見て、感じ、具体的に行動しているお二人がここ、小樽に集まる又とないこの
機会、是非、多くの方に参加して頂きたいと思います。

講師:
きくち ゆみさん
http://kikuchiyumi.blogspot.com/
東京・下町生まれのちゃきちゃきの江戸っ子。マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解
決をライフワークに。千葉県の鴨川で自給自足を目指す傍ら、911事件をきっかけにグローバルピー
スキャンペーンをたちあげる。平和省プロジェクト代表、東京平和映画祭プロデューサー。著書に『地
球と一緒に生きる』『バタフライ』、訳書に『戦争中毒』『テロリストは誰?』など多数。

松本英揮さん
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~ecohideki/
チャリで宮崎〜日本〜世界を走り世界中の人たちに地球のメッセージを伝えています。今まで、国内外
で行った環境講演会は1000回を超えています。
小さなころから旅好きで12才から一人旅を始め20才からズタ袋かついで100カ国を旅してきまし
た。
 故郷宮崎の'かざぐるまの家'に家族・親族と暮らし近所の子どもたちと遊びながら玄米菜食・裸足・
ペーパレス(トイレットペーパーいりません)の楽しい生活。
電気は風さんと太陽さんが創ってくれています。

【日時】2008年10月22日午後6時から9時半まで
【場所】忍路・北大臨海実験所
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/facilities/oshoro/oshoro.html
【費用】2千円
【主催】中渓宏一(なかたにこういち)080−3022−1684、seedman333@gmail.com

小樽駅からは、駅前のバス乗り場5番から出る、余市梅川車庫前行き(バス番号は18番)に乗って、
忍路というバス亭でおります。会場は忍路の港の左側にある、赤い屋根の建物になります。バス亭から
歩いて15分程です。

小樽駅からのバスは1時間に2−3本の割合で出ていて、所要時間は30分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-18

チャリティーカレンダーのお知らせ=?ISO-2022-JP?B??=

チャリティーカレンダーのお知らせ=?ISO-2022-JP?B??=
皆様

北海道、孝勝寺の上川さんから以下メールが届きました。

我が家も2008年のカレンダーを頂き、使っています。こちらをじっと見据える世界各地の人達の写
真、色々と伝わってくるものがあります。

2009年はチベットがテーマです。

=====================

以下、上川さんからのメールより。


四方僧伽・北海道では、カレンダープロジェクトを展開しています。今年で3年目になります。その賛助
・ご協力をお願いしています。下記に概要を添付いたしました。御覧頂き賛同していただきましたら、
参加お願いいたします。

よろしくお願いいたします。

#######################
2009年度のカレンダー制作を、企画いたしました。カレンダーの中には、写真家・伊勢祥延が、2007年
11月と08年6月に インドのチベット自治区に取材をした時の最新の写真を使用しています。そこで、支
援カレンダーに是非とも参加していただきたくご連絡申し上げました。参加方法は種類有ります。どの
ような形でも良いので是非ともご参加ご協力お願い申し上げます。

カレンダー制作費としての賛助金を募集したいと考えています。たくさんの方にこのカレンダーを通し
、チベットをの実状を知っていただきたいと思います。ご支援宜しくお願いいたします。(制作費が30
00部で25万円かかります。)

① 賛助金 個人 一 口 1 万 円
団体 一口 3万円
※申し込みされた方はカレンダーに名前を記載させていただき、
一口に付き個人賛助100部・団体賛助300部(以内の希望の部数)進呈いたします。
(同時に、伊勢祥延ポストカード集をプレゼントさせていただきます)

② 寄付金 (金額設定無し)
※1000円に付き、5部(以内の希望の部数)を進呈いたします。

③ カレンダーを知人に配布し、募金を集める。
※希望の部数をお知らせ下さい。完成次第送付させていただきます。募金が集まりましたら、四方僧伽
・北海道の口座へお振り込みお願いします。

④ カレンダーをもらう。
※自分が使うためにカレンダーを送っていただく。使って頂くだけで励みになります。一年間お付き合
い下さい。

申込期限 10月末日

参加ご希望の方は、必要事項(住所・氏名・参加番号・部数等)をメールでご返信下さい。質問も受け
付けています。

企画.問い合わせ 四方僧伽・北海道 担当 上川泰憲
連絡先 090-6448-4730 / kami_taiken@yahoo.co.jp
郵便口座 四方僧伽・北海道 19060−31762021


上川泰憲 (^人^) 合掌
kami_taiken@yahoo.co.jp

孝勝寺ブログ「ポンポロカベツ」
http://blog.livedoor.jp/kousyouji/

「四方僧伽」ホームページ
http://www.k3.dion.ne.jp/~catudisa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-16

「北海道から世界が変る。その一歩を踏み出す会」

「北海道から世界が変る。その一歩を踏み出す会」
今週日曜日、午前9時半から12時の予定で、札幌の宮の沢にある「ちえりあ」で講演会をさせて頂き
ます。詳細は下の方に書いてあります。

チーム・アースデイ北海道の仲間と、来年のアースデイ北海道の呼びかけもします。

午後には大倉山の一角で木を植えます。ここにコミュニティースペースを創っていこうという計画があ
ります。

そして、夜は手作り麦酒工房で交流会。

盛り沢山の一日です。

札幌近郊の皆様、是非参加して下さいませ!

以下、今回の主旨を書いてみました。長いですが、良かったら読んで下さい。


============================


「北海道から世界が変る。その一歩を踏み出す会」

大層なネーミングの会ですが、皆さん、そう思いませんか?僕は昨年9月に北海道に移住してきた新参
者ですが、本気でそう思っています。

僕は、アースデイ・フレンドシップウォークと称して、2006年7月に宗谷岬を出発して、東京、代々木公
園で4月22日に開催されていたアースデイ東京に向かって歩き、木を植えました。道々、道内では沢山の
人達に助けられて、2ヶ月で歩ききる筈が、5ヵ月の旅になり、その時に出逢った素晴らしい仲間達と20
07年には屈斜路湖畔でアースデイ北海道を開催しました。

気が付けば、今ではアースデイ北海道の仲間達とは家族の様な絆が出来上がっています。そして、そん
な仲間達が目指しているものがあります。それは「村創り」です。

僕は2000年の夏、世界放浪の旅に出ました。一年のつもりの旅が、結局3年9ヶ月になりました。そして
、旅の途中に、南アフリカで、世界中を歩き、平和の木を植え続ける、英国人のポール・コールマン氏
に出逢い、その活動に衝撃を受け、以降、彼と共にアフリカ、日本の旅を共にして、気が付けば自身で
歩いて木を植える旅を続ける様になりました。

お陰で、この8年間、僕はずっと旅を続けさせて頂いています。
最初の4年間は世界を、そしてこの4年間は国内を。
そして気が付いたことがあります。

人間は森無しでは生きることが出来ない。でもその森はどんどん世界から消えている。だから、誰かが
木を植えなければ人間は地球で生きていけないということ。

それから、66億人が地球で共存する為には、お互いが自立していることが大事だということ。

では、自立しているとは何か。それは、自給自足が出来ていて、それが持続可能な状態だということな
んだと思います。

今の日本は、そんな状態からは程遠い訳ですが、江戸時代の日本列島は、ほぼ自給自足が出来ていて、
持続可能な社会であったと言います。

であれば、皆が遺伝子の記憶を呼び覚まして、もう一度、自給自足、持続可能な社会創りを目指す時が
今、来ているのではないでしょうか?
そして僕は、そんな社会がここ、北海道から始まると信じています。

なんだか随分長くなってしまいましたが、今回の集まりは、そんな、かつての古き良き日本をもう一度
、ここ北海道から始めようという仲間と広く交流する場になってくれれば良いなと思っています。

そして、札幌市内の大倉山の一角に、そんな、自給自足、持続可能な社会創りを目指す、コミュニテイ
ーセンターを創ろうというアイディアがあり、そんなお話も出来たら良いなと思っています。
いやはや、ホントに長くなりましたが、一言で言うと、先ずは皆で集まって、木も植えて、楽しくワイ
ワイやれたらいいなと。そんな風に思っています。

僕の考えを勝手に書かせて頂きましたが、これを読んで、「それは違うだろ」と思った方も居るかと思
います。そんな方達とも是非、交流出来ればと思います。

今回の集まりが、北海道から世界を変える第一歩となることを夢見てます。

皆様、奮って御参加下さいませ!

====================

これまた長いですが、以下、告知文です。

Walk Japan, Plant trees. Earth Day friendship Walk

〜ニッポンを歩く、木を植える。アースディ・フレンドシップウォーク〜

持続可能な社会づくりを目指しながら木を植える男、『アースウォーカートライブ』中渓宏一氏を迎え
ての講演会。

〜テーマ〜

北海道から世界が変わるその一歩を踏み出す

日時:2008.10.19(日曜日) 

受付  9:00〜

講演会 9:30〜11:30(2時間)

交流会 11:30〜

終了  12:00

場所:札幌市西区宮の沢1条1丁目1−10 

生涯学習センター ちえりあ 2F大研修室(収容人数 108名)

 

問い合わせ:E mail hakunamatata.612@gmail.com

会費:1,000円 (当日受付にてお支払ください)

※交流会があるので、名刺を持っている方は多めに持参してください。

プロフィール 

中渓宏一氏

「地球の何処に居ても生きていける人間になりたい。」その思いが募り、僕は6年間のサラリーマン生
活の末、世界放浪の旅に出る。1年のつもりが3年9ヶ月の旅に。北、中、南米、アジア、欧州、アフ
リカ。 旅が続くに連れ
て、荷物も心も軽くなり、自然の中に入っていく。そんな旅先のアフリカで16年間世界中を歩き、平
和の木を植え続ける男、ポールコールマン氏に出逢い、以降アフリカの大地を1年間共に歩き、木を植
えた。以来気が付けば自身でも地球を歩き、木を植える旅を続ける。特にこの4年間は日本を歩き、木
を植えてきた。「世界を駆け巡るビジネスマン」を夢見て商社マンになり、気が付けば地球を歩き木を
植える旅人に。「地球に愛を与える(木を植える)と、地球はその何倍もの愛を返してくれる。」とい
うポール氏の言葉の意味を体感しながら、僕の「地球を歩き、木を植える旅」は続く。

主催:Team @ EARTH DAY北海道

共催:NAUGHTY

: ビアホール 体験工房 手づくり麦酒

:cafe自休自足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-10-04

今日、札幌の手稲で植樹と種取です!

今日、札幌の手稲で植樹と種取です!
おはようございます。

気持ちよい秋晴れー。

いやー、もっと早く載せられれば良かった。

今日、これから手稲で植樹と種取のイベントがあります。

北海道の植樹でいつも苗木を提供して下さる鈴木されているイベントです。

親子で参加出来るイベントです。札幌近郊の皆様、是非!

────────────────────────────

手稲さと川探検隊 森でタネ採りタネ播き+植樹会
────────────────────────────
http://t-satogawa.hp.infoseek.co.jp/satokawa081004.htm
夏のあいだは川の生き物を調べてきました。

今回は川の水源である森を見てみます。
さまざまな工夫で遠くに運ばれようとするタネたちの不思議・・・
世界中を旅して子供たちと樹を植えている中渓宏一さんと一緒に、
森づくりしてみませんか?

[日時] 2008年10月4日(土) 9:30〜15:00
[場所] 集合:手稲コミュニティーセンター(手稲本町3条1丁目3-41)
http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bssbk/bunrec/sisetu/sa01/sa01000

9/map.html
     手稲山麓・富丘西公園(タネ採り)、星置川(昼食)、山口緑地(植
樹)
[対象] 小学生以上(小学生は保護者同伴、小学生以下の兄弟の参加は可)
[定員] 25名(先着順)
[参加費] ひとり1日400円(保険代含む)
[服装] 暖かい服装、長靴、
[持ち物] お昼ごはん、飲み物、防寒具、軍手
[申し込み方法] E-mail、FAX、または電話
     参加者氏名・年齢・連絡先電話・住所・所属をお知らせ下さい。

[申し込み期限] 10月2日(木)21時
[申し込み・問い合せ先、主催] 手稲さと川探検隊
 tel 080-1891-7847(鈴木) fax 011-684-4487
 E-mail:aasuzuki@pop11.odn.ne.jp

 URL:http://t-satogawa.hp.infoseek.co.jp/
[ゲスト] 中渓宏一さん http://earthwalkerjp.cocolog-nifty.com/blog/

 「地球の何処に居ても生きていける人間になりたい。」その思いが募り、
 僕は6年間のサラリーマン生活の末、世界放浪の旅に出る。
 1年のつもりが3年9ヶ月の旅に。 北、中、南米、アジア、欧州、アフリ
カ。 旅が続くに連れて、荷物も心も軽くなり、自然の中に入っていく。
 そんな旅先のアフリカで16年間世界中を歩き、平和の木を植え続ける男、
 ポールコールマン氏に出逢い、以降アフリカの大地を1年間共に歩き、

 木を植えた。以来気が付けば自身でも地球を歩き、木を植える旅を続ける。
 特にこの3年間は日本を歩き、木を植えてきた。
 「世界を駆け巡るビジネスマン」を夢見て商社マンになり、気が付けば
 地球を歩き木を植える旅人に。 「地球に愛を与える(木を植える)と、
 地球はその何倍もの愛を返してくれる。」というポール氏の言葉の意味を
 体感しながら、僕の「地球を歩き、木を植える旅」は続く。

本事業は、STVあしたの森プロジェクトの助成をいただいて実施されます。

http://www.stv.ne.jp/tv/child/index.html

。。ooO○●○Ooo 。。。ooO○●○Ooo 。。。ooO○●○Ooo 。。。
 手稲さと川探検隊   代表 鈴木 玲  Suzuki Akira
〒006-0807 札幌市手稲区新発寒7条6丁目8−19

Tel&Fax   011-684-4487 (N43°07'16″,E141°16'39″)
E−mail  aasuzuki@pop11.odn.ne.jp
       harunire-as147@docomo.ne.jp(携帯)

URL    :http://t-satogawa.hp.infoseek.co.jp
報告サイト:http://angel.ap.teacup.com/satokawa/

交流BBS:http://8811.teacup.com/teine/bbs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »