« コンビ再開 (本出版に向けて・その84) | トップページ | チベットへの旅、延期のお知らせ »

2008-05-27

「チベットで木を植える。」

「チベットで木を植える。」
チベットで木を植える?

いきなり変わったタイトルですが、実は、6月の半ばから2週間、チベットに木を植えに行く旅を計画
中です。

この計画はある日突然決まりました。

4月に登山家の栗城史多君が我が家に遊びに来てくれました。

栗城君は世界7大陸の最高峰の単独登頂を目指す北海道出身の登山家。25歳の青年です。

2年前に知人の紹介で初めて札幌のファミリーレストランで出逢った時は、その親しみやすく、謙虚な
姿勢がとても印象的でした。登山家というと、「何処かストイックな人」というイメージを勝手にもっ
ていたのですが、栗城くんは本当に気さくな、礼儀正しい青年でした。

昨年末に南極大陸最高峰のビンソンマシフ単独登頂成功のニュースを見つけて、「さすが栗城くん」と
喜んでいたら、その栗城くんが4月に我が家に来てくれた訳です。

栗城くん、今年9月にはいよいよヒマラヤへの単独登頂を予定していて、これが達成されると、7大陸
最高峰の単独登頂が達成されます。

そのヒマラヤ単独登頂を前に僕と講演会を開きたいと言ってくれました。やった。なんと光栄な。

栗城くんは2年前同様、やっぱり謙虚で快活で、以前と何も変わっていませんでした。「大人物とはこ
ういうものなのかな。」なんて思いました。

そして後日、栗城くんから電話が。

「中渓さん、チベットに一緒に木を植えに行きませんか?」

「チ、チベットに木を植えに?!」内心はとても嬉しいのと驚きとがごっちゃになっていましたが、こ
こはちょっとクールに「是非木を植えに行きましょう。」なんて感じでお応えしました。

栗城くんは山と対話しながら登山をするそうです。そんな姿勢が今まで6大陸の最高峰の単独登頂を可
能にしていたのだと思います。そして、「世界最高峰の山、エベレストに単独登頂する前に、エベレス
トと同じヒマラヤ山脈の霊峰、チベットのカイラス山に挨拶に行きたい。その際にチベットの平和を願
って木を植えたい。」と思っていて、「一緒に木を植えに行きましょう。」と声を掛けて頂いた訳です

チベットでの植樹。正直、僕は知識不足で何をどうやって植えるのが良いのか模索中です。

そんな中、友人、知人のアドバイスのお陰で少しずつ情報が集まってきました。

本出版に向けて文章を書きながら、チベット植樹情報も載せて行きます。

写真は南極大陸の登山に行った際の栗城くんの写真です。

栗城史多君のサイト
http://kurikiyama.jp/index.html

|

« コンビ再開 (本出版に向けて・その84) | トップページ | チベットへの旅、延期のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15883/21219336

この記事へのトラックバック一覧です: 「チベットで木を植える。」:

« コンビ再開 (本出版に向けて・その84) | トップページ | チベットへの旅、延期のお知らせ »