« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007-08-31

明日、NHKラジオ第一 「ラジオあさいちばん」8時13分〜

明日、NHKラジオ第一 「ラジオあさいちばん」8時13分〜
9月1日、NHKラジオ第一 「ラジオあさいちばん」8時13分〜

7月31日に札幌の「子供の家」で植樹した時の様子やインタビューが放送されます。
取材に来てくれた鈴木さんは札幌出身で、チームアースデイ北海道とも意気投合。

ご都合付く片は是非聞いてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM小樽

FM小樽
渡辺大介さん。総合プロデューサー。

これからも小樽ウォークやりましょう。

やっぱり歩くのは楽しい。小樽にちょっと詳しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク

小樽ウォーク
到着!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、ラストスパート

喫茶店さかい屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その12

小樽ウォーク、景色その12
手宮線路跡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その11

小樽ウォーク、景色その11
モッキリセンター。気になる飲み屋。混んでる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その10

小樽ウォーク、景色その10
龍宮神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その9

小樽ウォーク、景色その9
あいちゃんも自転車で合流。長橋。おにぎりの差し入れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その8

小樽ウォーク、景色その8
美味しい湧き水。長橋一丁目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その7

小樽ウォーク、景色その7
金色の樹液。エゾマツ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その6

小樽ウォーク、景色その6
のどかな田舎道。虫の鳴き声が綺麗。

フルーツ街道から長橋へ抜ける道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その5

小樽ウォーク、景色その5
エポナちゃん。もう大人だそうだ。おたるラベンダーにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その4

小樽ウォーク、景色その4
フルーツ街道沿いの家の玄関には何故かアイスの冷蔵庫が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その3

小樽ウォーク、景色その3
桃内の海で、ひと泳ぎ。今年の夏、北海道の海、初泳ぎ。

昨年のちょうど今頃、知床の海で泳いだね、あかち君。

あいちゃんのお母さんから頂いたジャストサイズのミッキーサンダル、ミッキーがかすんで来たな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その2

小樽ウォーク、景色その2
ウニが捕れるという噂の忍路の海。透き通ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク、景色その1

小樽ウォーク、景色その1
ドームハウスから見える海の景色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽ウォーク

小樽ウォーク
夕方のFM小樽でのトークに向かって歩いて来て下さいとの渡辺さんからの面白い御提案。

只今、忍路のドームハウスを出発。FM小樽までは十二キロ強。

目指す到着時間は午後六時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無農薬の果樹園

無農薬の果樹園
ドームハウスから数キロ離れた隣り町にある、「えこふぁーむ」に案内して貰った。

オーナーの牧野さんは大家さんの弓子さんと同じ百姓クラブのメンバー。
4ヘクタールの広大な土地に数十種類の果樹園。ヨーロッパの田舎の風景みたい。

人手が足りないそうなので、これから機会を見つけて御手伝いに行くことになった。

やった!憧れの半農生活に一歩前身。

牧野さんはオーケストラでバイオリンと指揮者もする半農半音楽家。

北海道農民管弦楽団の代表で、農民芸術学校を創設する夢を持っている。
素晴らしい人を紹介して貰った。

手作りぶどうジュース、絶品だったな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-30

ドームハウス入居準備

ドームハウス入居準備
先ずはロフトスペースの整理。

徳井一郎さんが書いたドームハウスの細かい設計図のファイルや、古い一眼レフカメラ、綺麗にファイルされた仏像写真etc.

徳井さんはどんな方だったのか、想いを馳せながら掃除中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-29

昭和の街「小樽」

昭和の街「小樽」
7月20日、僕は小樽に来た。あいちゃんのご実家での居候生活が始まった。

場所は小樽市幸(さいわい)小樽の高台にあった。所謂、小樽の山の手だ。

最近、自転車に乗るようになり、小樽の地形がより良く分かるようになった。
小樽港、駅周辺の平野に広がる商店街部と、山の手の住宅部。

僕はだんだんと小樽の街のファンになって来た。
小樽には「昭和」って言葉が似合う気がする。

商店街の外れには、子供の頃に良く見たような眼鏡屋さんとか、はんこ屋さんとかが並んでいる通りが
あって、潮風が優しく吹くこの通りを夕方自転車で走るとなんだか自分が子供の頃に戻った気がするお
気に入りの道。

港の外れに行くと、これまた昭和初期にタイムとリップしてしまった様な古びた住宅街。漁師さん達が
住んでいる一角だ。一昨日、この界隈を始めて自転車で走った。商店街の直ぐ近くなのに、一度も足を
踏み入れたことが無かった地域。

夕暮れ時、夕焼けが綺麗だった。未開の地を自転車で探検する感覚。これは正に小学校の頃に味わった
感覚だ。夕食前にお腹を空かせて、「晩御飯は何だろうなー。」なんて思いながら自転車をあちこち走
らせる。イカ釣り漁船が港に停まっている。イカ釣り漁船、何時か乗せて貰えないだろうか。なんてこ
とを考える。

「おっ?!」
船の上で、猫が何匹か集まっている様に見えたが、良く見ると、猫がウサギをくわえている。近所で飼
っているウサギを捕まえてきた様だ。

港の西の端は行き止まりになっていた。古いトンネルがトタンで閉じてある。「あの中はどうなってい
るんだろう。」と思いながら、自転車を折り返して幸を目指す。

ちょっと肩で息をしながら家に帰ると、皆既に夕食の席についていた。「あー間に合った。」
こんな日の夕食は一段と美味しい。
そして山の手の住宅街で先週あった花火大会。公園であがった数百発の花火。それは、今まで見た花火
の中で一番、迫力があって綺麗だった。自分の真上に上がる花火を始めてみた。花火の醍醐味は、体に
伝わる「ドーン」という振動だと思うが、真上に上がる花火から伝わる振動は格別だった。

そして何よりも、公園の雰囲気が幸せで一杯だった。オレンジっぽい灯りの中で老若男女が出店を楽し
む姿。これまた、子供の頃に小学校の校庭でやっていたお祭りを思い出した。

35歳、居候。今日から、小樽の西の外れ、忍路のドームハウスへの引越し準備に入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-28

皆既月食を見ると思い出す。

皆既月食を見ると思い出す。
只今、小樽港の防波堤から皆既月食を観察中。

うっすらオレンジの満月が空に浮かんでる。

二千年の夏に千葉の海で見た皆既月食を思い出す。

「タイフーンツアー」というロングボードの波乗り映画のゲリラ試写会を追いかけて来た千葉の海岸で見た皆既月食。

そのツアーを追いかけて当時居たベンチャー会社を無断欠勤して、その数日後にクビに。


七年後の皆既月食を小樽港の堤防で眺める。あれ、もう七年も経ったんだ。

おっ、月の端が光始めた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなかロマンチックな夜の小樽

なかなかロマンチックな夜の小樽
夜の小樽運河はちょっとプラハみたい。ギターの生演奏してる人が居たりして。

今宵は皆既月食。小樽の街を自転車で徘徊中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-27

 秋分の日 「森の感謝祭」 〜熊本県阿蘇アンナプルナ農園〜

 秋分の日 「森の感謝祭」 〜熊本県阿蘇アンナプルナ農園〜
お知らせです。

熊本県阿蘇の菊池にあるアンナプルナ農園で秋分の日に「森の感謝祭」というイベントがあります。

アンナプルナ農園は、春分から夏至まで、出雲から六ヶ所村まで歩いて木を植える「walk9」をしたマイ
サこと正木高志さんとそのご家族の農園です。

正木さんは僕にとって、ポールと一緒で、「平和の木を植えるインディアンチーフ」です。

メールのやり取りだけで、未だ逢ったことの無い、何時か逢ってみたい娘さんのラビさんから以下のメ
ールを頂きました。

ご都合が合う方は是非。

以下ラビさんのメール。

======================================


アロハ〜
みなさまいかがお過ごしですか?
今年の夏は天候が激しいですね。地球の大きな揺さぶりが大地や身体の中、あらゆる所に押し寄せてい
る感覚が続いています。
そんな中アンナプルナ農園は水面下で色んなクリエイティブなヴィジョンが溢れている夏でもあります

未知の領域を切り開いて進んでゆく、、、
そんな感覚が続いています。

今年も森の感謝祭の季節がやってきました。
みなさんで森に遊びにきませんか〜?

森の感謝祭は
森のおかあさんありがとう
水の神さまありがとう
火の神さまありがとう
自然の恵みをいつもありがとう
と感謝するお祭です。

森の感謝祭 2007 9月23日(日)秋分 
祈り 12:00〜
祭り 14:00〜22:00

場所、アンナプルナ農園

前売り ¥2500 当日¥3000 
(中高生¥1000 当日¥1500 こども無料)
*チケット発売中 詳しくは↓

☆出演 
*真砂秀朗 
*サヨコオトナラ 
*内田ボブ 
*長沢哲夫
*ミナル
*九州ジェンベクラブ 
*正木高志&チコラビ


今年も全国から素晴らしいミュージシャンが阿蘇の森に集って
きます。心からリスペクトしている大好きなアーティスのみなさんです。そして地球家族のみんなでも
あります。

そうそう!今年の盆踊りはきっとすごい事になりますよ〜〜〜!!!
サヨコオトナラ、真砂さん、ボブさんの生演奏で贈る郡上踊りは
どんな世界になるんでしょうね?焚き火のまわりをみんなでワになって踊っているうちに集団トランス
して〈光のほうへ〉集団アセンションするかもしれませんよ〜!
みんな踊りに来ませんか?

正木ラビ

*****************************

☆チケットはご住所、電話番号、枚数をお書きの上tel、fax、mailでお申し込みいただけます。郵便振
り替えでご送金下さい。確認後チケットを郵送させていただきます。
振り込み先(加入者名)アンナプルナ農園 
(口座番号)01950-7-10678

☆チケット取り扱い
*アンナプルナ農園     0968-27-0212

*ラブランド        096-362-4130

*Wassa Wassa(ワサワサ)  096-212-6131

*ココペリ         096-329-3857

*PEMA          090-8355-0217

*****************************

 
☆フリーマーケット募集しています。みんなで地球人の市場を開きましょう。
楽しいお店、美味しいお店、古着屋さん、色んなお店待ってま〜す。出店料¥1000 要予約です。

* myハシ、myカップ歓迎。

*キャンプできます。野外の夜は冷えます。
防寒具をお忘れなく。
*近くに素泊まりロッジあり。 寝具はご持参ください。
 一泊千円。要予約。(正木まで)

*雨天の場合アンナプルナ農園  母屋にてお祭りします。

*****************************

プロフィール

内田ボブ
 長野県大鹿村の百姓シンガーソングライター。15歳の時に
 旅に出、世界を回り歌う。西表島で水牛と共に10年生活。

ナーガ(長沢哲夫) 詩の朗読
 活火山の諏訪の瀬島で漁を主に家族で島暮らし。時々、
 詩の言葉がやってくるとつかまえ書きとめ詩を作っている。

真砂 秀朗 ネイティブフルート奏者
 独自の音楽表現と共にヴィジュアルアートにおいて
 創作活動をしている「絵と音」のアーティスト。
 世界各地のネイティブカルチャーへの旅の体験と印象から、
 自然と折りあう人々の原点にある感覚を多くの絵や音の新たな
 イメージとして生み出し、幅広く様々なメディアに提供している。旅の延長として谷津田での稲作を
始めて7年、
 それは新たな表現を生んでいる。

サヨコオトナラ
 女性newバンド「ゼルダ」の歌い手として活動後、パワフルで不思議な歌声で、活躍するイノチの世界
を歌う、サヨコ(うた)、幻のカリスマバンド「じゃがたら」で人々を踊らせた、地球音楽探検家、OT
O(ギター)、アフリカ、レゲエ、奄美島唄など、ジャンルを飛び越えてあるがままにうねりをつくりだす
、ジンベたたきの奈良大介(アフリカンタイコ)、この3人が母体となって生まれたのが、その名もずば
り、サヨコオトナラです。

ミナル  
 8歳よりお神楽「安浦の舞」を学び奉納に参加する。10歳より日本舞踊を習い17歳で 名取り。16歳よ
り様々なダンスを学び、20歳すぎた頃に即興で踊りはじめる。 大和三山でのお祭、猿田彦神社の聖地
巡礼など各地の聖地、神社仏閣の縁で舞を奉納し ている。今回は森の〈アースダンスワークショップ
〉大地の上で身体を動かそう♪
九州ジェンベクラブ
 西アフリカの伝統楽器ジェンベの音に魅了された代表、村本大の指導のもとに発足した 長崎、佐世
保、佐賀、人吉のジェンベクラブをはじめ、九州各県にジェンベクラブが 存在しそれぞれのイベント
に「九州ジャンベクラブ」となって出演しています。

正木高志&チコ・ラビ
 チコはお花と鳥と歌うことが大好きなアンナプルナの農園主。
 無農薬で緑茶を育てています。ラビはグランディングとアートそして ニューメディア9を融合した地
球人としての森の生き方〈Art of Life〉を生み出そうとしている。「木を植えましょう」「空とぶブッ
ダ」の 著者である正木高志は出雲から六ヶ所村まで3ヶ月の平和巡礼〈walk9〉を歩いた。次は9aidで
す。

*****************************

〒861-1441熊本県菊池市木護 アンナプルナ農園
tel:0968-27-0212  fax: 0968-27-0206
mail ravimasaki@hotmail.com 
http://annapurna.blog79.fc2.com/

正木ラビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-26

「現場主義」宮脇先生の植樹に参加。

「現場主義」宮脇先生の植樹に参加。
小学校に1200本の木を植える植樹会に参加して来た。

場所は小樽市長橋小学校。亜衣ちゃんの実家から歩いて5分。

主宰は千年の森づくりプロジェクトで、講師が「日本一木を植える男」と言われる宮脇昭教授。

感銘した。

宮脇先生、凄い迫力です。

79歳とは思えないバイタリティー。

やっぱり「現場主義」で動いている人の迫力は違います。

木を植える前の講演では、1時間強の弾丸トーク。

興奮した。

あそこまでハッキリと行政に物申す人に初めて出逢った。

植樹会には小樽市長も来ていた。

「市長、ここに今日集まった人達は伊達や酔狂で集まっている訳じゃない。緑の大切さを本能で理解し
て、ここに来ている。本州からわざわざ手弁当で参加している人達も居る。行政もしっかりやって欲し
い。本物は残る。二期や三期の続投なんか目指している様じゃ駄目。本物は残る。今日もしっかり最後
まで植樹に参加して欲しい。」ってな具合で市長への「喝」が何度と無く入る。市長はタジタジ。観客
からは笑いが起こる。

「現場主義」で「本物の森創り」を続けてきた先生は、行政の腰が如何に重いかを身に染みて感じてい
るのだろう。それにしても、壇上でここまでハッキリと言えてしまうのが気持ち良い。

そして実績の厚みが違う。各地で行った「宮脇方式」の緑化実績を植樹前、植樹後の写真を基に説明し
てくれる。

「こんな処が。」と思うような道路脇のスペースが見事に森に変わっていた。「百聞は一見に如かず。
」写真を見て、宮脇方式の良さが納得出来る。

そして実際に僕も「宮脇方式」の植樹に参加した。

小学校の敷地の端には、土手に沿うように長さ80m、幅5m、高さ50cm位に土が盛ってあり、丸
太で土留めがしてある。ここまでの準備は大変だったろう。

そこにハルニレ、ミズナラ、イタヤカエデなど、19種の苗木を60cm間隔位でランダムに植えた。
これらの木は北海道に自生する木で、これらの木が良く混ざった森が、宮脇先生の言う、「本物の森」
になる。
先生は苗木の種類を「まじぇる」と言っていた。植える前に、ポット苗を泡が出なくなるまで水に浸す
。なるほど。こうやれば苗が水をたっぶり含んでくれる。

ちょっと周りよりも浮かし気味に植えて、ワラを被せる。ワラは豊富に用意されていて、丸太で囲まれ
た植樹ゾーンはどこも土が見えない位にワラが敷き詰められた。

最後に縄をジグザグに植樹ゾーンの端から橋まで、地表に張ることで、ワラがしっかりと地面に押さえ
つけられる。

苗木は、ワラのベッドに守られて快適そうだ。

そして、講演の中で「おっ。」と思った話。

西側の世界では、ギリシャやイスラエル等、昔は豊富に緑があった常緑樹帯に文明が発達して、森を無
くして針葉樹林帯に北上した。今ある世界の主要都市は殆ど針葉樹林帯にある。ニューヨーク、ロンド
ン、パリ、ベルリン、etc(凄い早口で10都市位の名前を挙げていた。)

小樽はこれらの都市の緯度よりも低い位。だから、北海道は日本列島の中では北の端の島だけど、世界
の主要都市と同じ緯度にある大事な島。だから北海道から、小樽から緑化活動を世界に発信して欲しい
。北海道が本物の森づくりを始めて、本州の移住者の受け皿づくりをする必要がある。といった内容の
話があった。

最近、度々北海道が大事だという話を聞く。

「現場主義」の宮脇先生は最後まで植樹を見届け、炊き出しの美味しいカレーを食べて、颯爽と帰って
いった。

僕も、生涯「現場主義」でいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-25

ケサラン・パセラン?

ケサラン・パセラン?
かと思うような綺麗な毛虫を発見。ユニコーンみたいにお尻に角がついてた。

小樽のなえぼ公園にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-24

「種まき大作戦ウォークプロジェクト」

「種まき大作戦ウォークプロジェクト」

10月末から、2週間かけて歩く旅をしたいと思っている。

歩く先は「種まき大作戦」の会場。

「種まき大作戦」とは今年始まった農のムーブメントだ。

加藤登紀子さんの娘さんのヤエさんがリーダーになり、日本に農を広める活動をしている。

十一月十一日を「土の日」として国に認めてもらおうと動いている。

「十一」は合わせると「土」という漢字になる。

僕もこれから自分で畑をやってみたい。目指すは自給自足。だから、この「種まき大作戦」には大賛成だ。

そして、7月に「野田塩の男達」に連れて行って頂いたAPバンクフェスでステージに立つ加藤登紀子さんを見て感動した。メッセージが染みた。そして何よりもその歌声に打ちのめされた。その時に僕は、「種まき大作戦に向かって歩こう」と決心した。

加藤登紀子さんの亡き夫、藤本敏夫さんはかつて、日本の未来像として、「持続可能な田園都市構想」という建白書を当時の農水大臣に送ったそう。つまり、都市でも農業を積極的にやっていくことが都市持続のキーになるということ。

僕はたまたま今年の1月に開催された第一回の「種まき大作戦」ミーティングに参加して、「本気」の集まりに心を動かされた。

そのミーティングで初めて、八ッ場ダム(やんばダム)のことを知った。群馬の山中に建設途中のダムだ。

5月に、草津小学校で木を植える機会を頂いた。その時に、やんばダムの建設に伴い、無くなってしまう温泉街を訪ねた。昔ながらの情緒豊かな小さな温泉街だった。

実際に無くなってしまう町を訪れてみると、「このダムは本当に必要なのかな。」と思えてくる。

とこんなことを書いていたら、今、テレビの画面に加藤登紀子さんが出ている。

と言う訳で、僕はこの「やんばダム」を10月29日に出発して、11月11日に港区芝公園で開催予定の「種まき大作戦」の会場到着を目指して、2週間の歩いて木を植える旅を実施する。

これから詳細を詰めて行きます。皆様、奮ってご参加下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-23

これが育つと

これが育つと

中渓 宏一(^-^)v
www.earthwalkerjp.cocolog-nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうなる

こうなる
今日の発見。キノコったら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまけ

おまけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「全ては必然?」

「全ては必然?」
昨日の午後、再びドームハウスを訪ねた。

オーナーの弓子さんと一緒に掃除をした。

数年振りに逢う、会社時代の同期3人がドームハウスを訪ねてくれた。

晶子は結婚して札幌に住んでいて、晶子を訪ねて東京から、とんとんと大河内さんが来ていた。

初めて出逢う6人。

話題はどうしましょ?

僕等の同期の一人が札幌でヨガと気孔の先生をやっているという話になった。

稲村くん。

彼とは寮が一緒だった。同期で一番最初に会社を辞めて、札幌に戻った。

ここで、凄い偶然が。

●オーナーの弓子さんが働いている病院に稲村君がヨガを教えに来ていて、

●弓子さんが前回ヨガを稲村くんに教えて貰った時に、晶子もそこに居た。

●そして、あいちゃんもその昔、稲村くんのヨガ教室に通っていた。

「初対面の3人に共通のヨガの先生が居て、しかもその内の二人は同じ日、同じ場所でヨガをその先生から習っていて、そのヨガの先生は僕と寮が同じだった会社の同期。」

という偶然が起こる確率はどの位なのだろうか。
全ては必然。

稲村くんとの再会が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-22

これ、本物?

これ、本物?
あいちゃんの実家の近くにある公園の森の散歩道がキノコ盛り。

作り物みたいに綺麗な色と形。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-21

海辺のドームハウスへの引越し間近

海辺のドームハウスへの引越し間近
今日、来月から借りることになったドームハウスに行ってきた。

いよいよ後数日で、新生活を始める。

ドームハウスのオーナーは北大の物理の教授だったそうだ。1973年から自分でドームハウスを造り始めて、僕達が住むのは三代目のドームハウス。

そして、その外にはゲスト用のチビドームハウスがあって、それが6代目。強化プラスチックで出来た6代目のドームハウスは量産して販売を目指していたようだ。

そのオーナーは何年か前に他界され、僕達はその奥様から借りることになった。

今日、その方が書いていた図面を見せてもらった。ファイルに何冊分も、ドームの展開図や、数式が並んでいた。

残念ながら、高校以来数学に手を付けていない僕には理解不可能だが、大事な智恵が沢山詰まっているこのファイルが有効利用されたら良いなと感じる。

オーナーの方がカリフォルニア大学から戻って最初のドームを造ったのが丁度僕の歳。

奥さんが、雑誌に載っているその頃の彼の後姿の写真を見せてくれた。
「ほら、なんとなく似てないですか?」

確かに、長髪を後ろで結んでいて、体格も似たような感じだった。

持って行ったノートパソコンを繋ぐと、本棚に組み込んである手造りのスピーカーからはレコードの様な優しい音で坂本龍一のピアノが流れた。

その本棚の下の引き出しには、レコードが沢山入っている。最初に取り上げたレコードはジミ・ヘンドリックスだった。

「ジミーヘンドリックスが好きだったのよ。」

おーー、是非、レコードプレーヤーを入手して、あのスピーカーで聞いてみたい。

図面のファイルと一緒に、70年代にアメリカで刊行されたドームハウスの本を見せてもらった。以前、友人宅で再版の本を見せてもらったが、今日みたのは恐らく初版のもの。

ボロボロの本を手に取ると、オーナーの方がアメリカのカリフォルニア大学に行っていた頃の興奮が伝わってくる気がした。

「ドームハウスだ!」と興奮して日本に帰って来たに違いない。

外の物置小屋にもドームハウスの木の骨組みが残っている。

そして、海を見下ろす場所には、お骨の一部が入っている、センスの良いお墓がある。

徳井一郎さん。

どんな方だったんだろう。

そして、僕達は今回、どういう御縁でこのドームハウスに住ませて頂くことになったんだろう。

それは住んでいく内に分かってくる筈。

ドームハウス引越しまであと10日間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-20

ライジングサン並木通りプロジェクト

ライジングサン並木通りプロジェクト
ライジングサン ロックフェスティバルが終わった。

今年は木を植えた。

この祭りの会場は、石狩湾新港の広大な草原。

会場は大きなステージが6つあって、一端のステージからもう一端のステージまでは歩いて20分位か
かる程大きい。

会場内はフェスティバル開催前に芝刈りが行われて、巨大な原っぱになる。

会場は晴れると結構暑い。木陰があると随分助かる。が、埋め立て地だから木は殆ど無い。そこに緑の
スペースを創ろうということで、木を植えた。

植えた場所は、ステージを結ぶ目抜き通り。そこを通らずしてはメインステージから他のステージには
行けないから、参加者全員が通る。

そこを並木通りにしようということで、その界隈の会場運営管理を任されているカフェPROVOの龍太くん
が協力してくれて、この植樹が実現した。

苗木は今回も、鈴木さんが持ってきて下さった。

雪印種苗の鈴木さんは、御自宅でも苗を育てている。

昨年、ライジングサン会場の直ぐ横の森で鈴木さんが種を採集して御自宅で育てたカシワの苗が丁度良
いサイズになっていた。

この苗木20本を植えた。内2本は、「カミネッコン」という六角形のダンボール製の植木鉢に入った
苗木を植えた。カミネッコンの特徴は、プラスチック製の植木鉢と違って、中身を出すこと無く、カミ
ネッコンごと植えることが出来、六角形のダンボール紙に囲われた苗木は雑草との競争も無く、元気に
育つことが出来るという優れもの。鈴木さんの大学時代の恩師、東教授が発案したもの。

そして今回植えたカミネッコンの箱は、昨年鈴木さんが僕達を東先生のお家に連れて行って下さった時
に僕達が作ったもの。

植樹は、3回に分けて、この6年間毎年ライジングサンに参加している祭り太郎さんのラジオ体操の後
に楽しく行われた。

ライジングサンでの植樹が、これを機に恒例イベントになって欲しい。

埋立地だから、土壌は決して良くない。今回植えた21本の内、半分がちゃんと根付けば上等だと思っ
ている。

根付くのが難しい場所だったら、その分沢山植えればいい。

広大な原っぱで開催される音楽フェスティバルもいいけど、その原っぱがフェスティバルを続ける毎に
森に変わっていく様子を想像すると楽しい。

主催者に植樹の許可をとってくれたカフェPROVOのオーナーの龍太くんは、会場にヒマワリを植えていた
。夜ライトアップされたヒマワリは可愛くて、会場に色を添えていた。

昨年のライジングでお世話になった石川大峰(たいほう)くんは、間伐材を使って、立派なドーム型の
休憩所を作っていた。屋根にはトドマツの枝をふんだんに使い、ドームの中はトドマツのいい香りが漂
っていて、最高のアンビエントスペースだった。

昨年よりも更に遊び心が各会場に散りばめられていて、エコにも力を入れているライジングサン。北海
道のでっかい大地に相応しい、おおらかで楽しい雰囲気で溢れるフェスティバルだった。

来年も是非参加して、もっと沢山木を植えたい。

「アーティストの方達が演奏の後には木を植える。それがライジング。」なんてことが恒例にならない
かなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-19

天晴れライジングサン

天晴れライジングサン
朝、全ライブ終了後にラスト六本の苗木を植樹。祭り太郎さんの渾身のラジオ体操の後、皆で植えました。

計二十一本。並木通りプロジェクト、来年もやりたいです。

懐かしい仲間にも逢えたライジングサン。

満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサン朝日

ライジングサン朝日
バッチリ朝日が出ました。ラストのライブが始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-18

ライジングサン植樹祭その2

ライジングサン植樹祭その2
チーム アースデイ北海道の仲間と植えました。
だんだんとライジングサン並木通りプロジェクトが具現化して嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサン植樹祭

ライジングサン植樹祭
今朝はライジングサン恒例、祭り太郎さんのラジオ体操の後に、皆でカシワ、栗を十本植樹。

いやいや、祭り太郎さん素晴らしい。

朝から楽しい植樹祭。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-17

ライジングサン初植樹

ライジングサン初植樹
祭り太郎さんらと記念すべき一本目を植樹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサンよりメッセージ

ライジングサンよりメッセージ
黒百合さん shanti
黒絵里さん 宇宙ラジオ
というメッセージ頂きました。

宇宙ラジオ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサン、こんなブース。

ライジングサン、こんなブース。
アースウォーカーのポール コールマン氏に出逢い、歩いて木を植える旅をするシードマンのブースです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサン準備中

ライジングサン準備中
僕達のブース。

TREE PEOPLEの片岡くんと桐生くんの処を間借りしています。

真ん中は、参加9年目の祭り太郎さん。

日曜日の朝、祭り太郎さんのラジオ体操の後に木を植える予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます。

おはようございます。
ライジングサン、今日午後三時にスタート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌電気食堂

札幌電気食堂
べスパが四台。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌電話食堂

札幌電話食堂
美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-16

rising sun live


070816_193401.3GPをダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサン現場報告

ライジングサン現場報告
リハーサル風景。
本番じゃ ここまで近付けません。

チームアースデイ北海道、としさんとほまれちゃんを発見。レストランみんたるの助っ人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライジングサン ロックフェスティバル

ライジングサン ロックフェスティバル
今日から、ライジングサン ロックフェスティバルに向かう。

昨年も参加したライジングサン。

今年は木を植えます。

本番は明日から。

現場レポートします。

天気はどうかな。

昨日までの猛暑とうって変わって、今日は肌寒い位。

今年は朝日が拝めるといいなー。

19日の朝までです。

何故か稲川淳二の怪談もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-15

「日本列島は世界の縮図?」

「日本列島は世界の縮図?」
放浪の旅をしている時に、ネパールのカトマンドゥで日本料理屋に行った。そこで見た雑誌に「日本列
島は世界の縮図なんだよ」というコーナーがあり、各大陸を比べている絵があって、目からウロコだっ
た。

以来、そのことはずっと頭の片隅にあった。

そして、アフリカに居る時、「ぼーっ」と世界地図を眺めている時にふと思った。

「日本が世界の縮図だってことは、日本は世界の一歩先を行っている筈。

ということは、「明治維新」のような革命が世界で起こって、世界が一つになるとしたら、それは世界
の「薩長土肥」から始まるんじゃないか。と。

薩摩藩は九州の南端。世界地図に当てはめると、アフリカ大陸の南端の南アフリカ共和国。

南アフリカ共和国は大好きな国。アパルトヘイトの辛い過去を乗り越えて、新しい国造りを一所懸命に
進めている。南アフリカが、世界に先駆けて、資本主義経済を抜け出して、新しい価値観で国を運営し
て、それがきっかけで世界が変わっていく。

なんてことがあるかもしれない。」

そんなことを考えていたのを思い出して、検索してみたら、ばっちり分かり易い地図を発見した。

ユーラシアは大分強引な気もするけど、この地図、面白い。

因みに土佐はオーストラリア。四国は水不足で悩んでいて、オーストラリアも下水を再利用する程水不
足に悩んでいるそうだ。その経験を活かして、オーストラリアの人達は世界に先駆けてエコ暮らしを始
めているかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-14

「ヨガの効能」

「ヨガの効能」
暑い。今日の小樽は30度余裕で超えている感じ。

なんだか、うっかり始まってしまった「効能」シリーズ。
今日はヨガ。

たまたま、今日、面白いメールが届いた。

ATOM YOGA。

ATOM君とは、5月にナチュラル・ハイというキャンプイベントで逢った。

代々木公園でアース・ガーデンを主催されている南兵衛さんのイベント。

そのしょっぱなのトークの時間を頂いて、その相手がATOM君だった。

誰かと一緒にお話っていうのは余り経験なかったんだけど、ATOM君とはやけに気が合ってしまい、なん
だか偉く面白かった。

ATOM君、結構やんちゃな経歴。

旅先のロサンジェルスで、ドラッグで捕まり、刑務所に入り、そこでラップと出逢ったそう。

そう、彼のラップは本場仕込み。

その後インドに行ってヨガに出逢う。

彼はラッパーでヨガマスター。ヨガマスターでラッパー。

ナチュラルハイで、ATOM君から面白い言葉を教えて貰った。

「パンチライン」

ラップの中の「決め文句」。みたいなものなのかな。

「ちょっとこれを聞いてよ。」

という部分。ATOM君から届いたメールの「ヨガパンチライン」を紹介。

「ヨーガ スートラ」について。

”ヨーガ スートラ”とはYOGAについて書かれた古い書物です
普通の人はべつに読まなくていい本かもしれませんが
YOGAを教えようとする人なら必ず読まなければならない
マスターピース

”ヨーガ スートラ”には短い文章が200ほど書かれています
どんなことが書かれてるのか?はじめの4つだけ紹介します

1、 これよりYOGAを解説しよう

2、 YOGAとは心の作用を止滅させることである

3、 心の作用が止滅されてしまった時には、純粋観照者である
    真我は自己本来の状態にとどまることになる

4、 その他の場合にあっては、真我は、心のいろいろな作用に
    同化した形をとっている 

なにを言ってるのかというと、

YOGAでは、心のその奥にSOULがあると考えます
SOULは自分の体や心が生まれる前からあり
自分の体や心が死んだ後にも続いていくもの。
だから、SOULを輝かせることが大切だと考えます

けど、心や体が ”あれしたい、これほしい、怒り、悲しみ”
など動いている時、SOULも心と一緒になって動いてしまい
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、、、
それじゃSOULは輝けません

そこで、体はもちろん、心の動きを止めるのです
すると、はじめてSOULは本来の輝きを放ちはじめます

以上

おー、難しいけど、解る気がする。
ニセコの圭君も、ヨガを「心の修行」と捉えている。

今日から朝ご飯抜き生活。ヨガもその内はじめてみよっと。

アトムヨガのサイトは
ATOM YOGA WEBーー>http://atomyoga.hp.infoseek.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-13

「朝ご飯抜きの効能」

「朝ご飯抜きの効能」
以前逢った人が、
「家のお父さんここ数年朝ご飯抜いてるの。胃は一日16時間空っぽにしてあげると良いんだって。お父
さん、8キロ以上痩せたし、健康になったって。」

へー。それを聞いて、僕も暫く朝を抜いていた。

確かに慣れると調子が良い。体が軽い。

最近、またしっかりと朝ご飯を食べている。

と、友達が教えてくれたサイトを見ていたらこんな記事を見つけた。

最近流行の「デトックス」って奴ですね。朝4時から正午まで、体は「排出」の為に動くらしい。この文
章は一読の価値あり。

これは朗報。よし、明日からは朝抜きで行ってみようかな。なるべく。ちょっとづつ。

以下、サイトから。

【朝食抜くのは朝めし前】

みお&ゆきが、とびっきり気に入っているデトックス健康法とは、
朝食を食べない1日2食ライフです。

朝食なしだなんて、超ショック!なんて言わないでね!(笑)

北軽井沢で営業している私たちのデトックス・リトリートでも
1泊夕食付きで朝食はお出ししていません。

というのも、体には24時間周期のリズムがあり、
8時間ごとにそれぞれの働きが高まる3つのサイクルがあることが、
最近の研究でも明らかになってきました。

この研究成果は昔から中国に伝わる時間と経絡(臓器)の関係や
インドのヨーガの教えとも一致しています。

古来、日本人も1日2食を習慣としていましたし、朝食を英語で
breakfastといいますが、これはbreak(破る)+
fast(断食)という意味で、前日の最後の食事からの「小さな断食」
を破る食事、つまりその日初めてとる食事のことをさし、
本来は、朝に食べる食事だけを意味する言葉ではありませんでした。

1900年初頭のアメリカでも1日2食が当たり前だったそうです。

でも、あの発明王のエジソンが、自分の会社のトースターを売るために
「健康のためには1日3食がいい」とマスコミに発表したため、
一気に、アメリカでも1日3食が広まったとか・・・・。

それマジ?(笑)

そんな洗脳は、許せんのう!と、その後、しっかりとした研究を続けた
科学者のおかげで、新たにいろいろなことがわかってきました。

その研究で明らかになってきた1日の体のサイクルと機能とは
正午〜午後8時 摂取(食べることと消化)
午後8時〜午前4時 同化(吸収と利用)
午前4時〜正午 排泄(体の老廃物と食物カスの排出)というものです。

午前4時〜正午までは排泄のサイクルで、
その時間帯に朝食を摂ると、消化にエネルギーが使われ、
本来この時間帯に行なわれなければならない体内の毒素を排出したり、
老廃物を浄化する体の機能が妨げられることになり、その結果、
排泄すべき毒素が体内に残って、各組織の間に停滞することになります。

実験結果でも1日3食より、朝食なしの2食の方が25%も毒素を
排出する効果が高まったというデータがあります。

さらに、1日の体のサイクルからもわかるように、午前中は栄養が吸収
されにくい時間ですので、朝食は一番、不消化のまま腸にたまりやすく、
腐って宿便となり、それがまた新たな毒素を生み出します。

1日に一回、17〜18時間、しっかりと胃腸を休ませてあげないで、
次から次と食べ物を流し込むと、料金所で大渋滞の高速道路みたいになって
宿便がたまりにたまって、そこから大量の毒素が発生します。

朝食をとらなければ、前日の夕食から翌日の昼食まで、17〜18時間、
きちんと胃腸を休ませながら、カラダも毒素排出に専念できるのです。

つまり、朝食をしっかり食べないと体に良くないという固定観念さえ
なくすことができれば、朝食に費やしていた手間と時間と食費が簡単に
節約できて、さらに体内の毒素もより排出され、内臓も休まるので
2食でも栄養の吸収もアップして健康になり、ダイエット効果も・・・と
まさに一石何鳥にもなります。

私たちも朝食なしの1日2食にしてからは、3食の時に比べて、頭も冴え、
体も軽快になり、実際、健康診断の結果も年々良くなっています。

1年365食、10年で3650食もの食事が節約できて、しかも体調も
前より良くなっているので、うれし、たのし、しあわせのトクトク気分で
続けているのが、さらに良い結果をもたらしているのかもしれません。

とはいっても、長年の習慣を変えるのは最初は、やはり勇気がいるもの。

そこで、このツキアップ健康法を失敗させないための注意とコツを
まとめてみました。

    ☆今月のテーマ『朝食抜くのは朝めし前』のツボ☆

   ・最初はおなかがすいたらいつでも食べられる週末に
     気楽に半日胃腸を休めるつもりで。

   ・それから徐々に毎日の朝食の量を減らして様子をみる。

   ・楽しければ続けて、毎日がまんするならあきらめる。
    がんばらないことが大切です。

   ・その日によって体調は違うので、がまんできない時は
    季節の果物や軽めの朝食をいつでもどうぞ。

   ・朝、起きたら、まずコップ一杯の水を。
    午前中は、おなかがすいたら水を飲みましょう。

   ・間食は、できればしないのがベストです。
    でも完璧主義も、しないのがベストです。

   ・同じ2食でも昼食なしの1日2食では1日3食より、
    かえって毒素が多くたまってしまうので要注意。

   ・自分はできても、子供や家族に強制しない。
    本人が納得してしなければ百害あって一利なし。
    
   ・体力のないやせた人や病気がちの人は無理をせず、朝食は
    おかゆなど消化の良いもので、まずは体力と消化力の回復を。

   ・今までよりちょっと少なめ軽めの朝食にするだけでも
    体にやさしいプチ・デトックス。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-12

裸足の効用

裸足の効用
裸足で山を歩くと気持ちがいい。

あいちゃんの実家の近くには苗穂公園という森がある。

結構大きくて、昼間、良く散歩に行く。

今日も裸足で歩いてみた。

この前面白い話を聞いた。

普段の生活で、携帯を使ったり、コンピューターを使ったり、
IH調理器を使ったりする生活で、身体に静電気が帯電しているらしい。

裸足で土の上に立ったり、木を植えたりして土に触れることで、
その静電気が抜けていくそうだ。

「裸足の効用」で検索してみると、こんなことが書いてあった。

それから、歩くのは血液の循環に大事だという記事も。

以下サイトから。

裸足は、素晴らしい

 裸足の効用をまとめてみました。

 足への刺激

○ 足の裏の皮膚を直接刺激すると、反射的に足の裏の筋肉の運動や足

 の指を動かす筋肉のトレーニングになります。

○ 5本の指すべてが鍛えられて、転びそうになっても安定感が増しま 
 す。

○ 足の指で大地をつかみ、足の裏を使って大地を蹴りだすため、足裏

 (足底)の筋力が鍛えられます。
  
  これにより土踏まずが発達し、偏平足の予防になります。

○ 足の裏には、東洋医学(漢方)でいうツボ(穴)や西洋医学でいう

 反射区が集中しており、ツボや反射区を刺激することにより、全身の

 活性化に役立ちます。

○ 足の裏には、多くの毛細血管が縦横に走っています。血液循環にと

 っていちばんの難所で静脈血のたまりやすい足の裏は、裸足で生活活

 動をすることにより、無意識のうちに受ける刺激で血液循環が促され

 ます。


 靴からの解放

○ 足や足の指が圧迫されないため足が変形しないので、外反母趾等に

 なりにくい。

  合わない靴やかかとの高い靴を履き続けることによって起こるハン

 マートウ、タコ、マメ、ウオノメ、靴ずれによるトラブルを防止しま

 す。

○ 靴を履くとつま先が圧迫されることにより、爪が皮膚に食い込む陥

 入爪や巻き爪になりやすいが、裸足により爪の変形を予防することが

 できます。

○ 靴を履くと足は密室に閉じ込められるので足の皮膚呼吸が妨げられ

 ます。

  特に汗を多くかく夏や冷暖房のきいた環境では、靴と靴下の内側の

 温度差のため、蒸れやすくなります。

  そのうえ、足の裏は汗腺が多くあるので、汗をかきやすいのです。

  雑菌が繁殖し、足が臭ったり、水虫になったりしますが、裸足なら

 足を清潔に保てます。


 心理的効果

○ 大地と直接肌で接することにより、「大地とのつながり」という心

 理を回復させ、大自然への愛情の育成になります。

○ 歩くときに自分の足元に気をつけて確かめながら歩くようになるの

 で、自分の足元に注意深くなり、転びにくくなります。

○ 靴が足に合わないと、靴を履いていることじたいが大変苦痛だが、

 裸足だと靴による足の圧迫からの解放という効果があります。


 「歩く」 動作が血液を促す


 人間の体には約650種の筋肉があります。


 そのうちの約三分の二が下半身に集まっています。


 その筋肉に静脈がへばりついています。


 毛細血管の中を流れる血液は、筋肉の働きにより循環します。


 立ったり歩いたりすると、足の筋肉収縮運動により、静脈血  を引力の法則に逆らい心臓に戻しま
す。


 歩行時には、指先で地面を蹴って、前に体を移動します。


 足が空中にあるときは筋肉がゆるみ、血管が開き、血液は下へ流れやすくなります。


 次にかかとで着地し、次の指先運動に移るまでは筋肉が収縮して血管が絞られ、血液は心臓に向かい
押し出されます。


 つまり「歩く」という動作じたいが、心臓からいちばん遠い所にある足の静脈血  を引力に逆らい
心臓に戻す役割を果たしているのです。


 私たちが立っている時、直立不動の姿勢をとっても、筋肉は休んではいません。


 足の筋肉は、体を支えるため働き続けているのです。


 心臓が収縮・拡張を繰り返し血液を全身に送り出し、足の筋肉が血液を心臓に送り返す働きを助ける


 この働きにより、”足は第二の心臓である” と呼ばれるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-11

行け駒苫!

行け駒苫!
只今、僕が居候している佐藤家では、高校野球観戦中。

駒場大学付属苫小牧高校 VS 広陵高校(広島)

高校野球は普段見ないけど、なかなか見応えのある試合。

取って、取られて、8回裏。只今3対2で駒苫リード。

流石、駒苫。なんか選手に貫禄を感じる。
先シーズンは日本ハムが優勝したし、乗ってるなー。北海道。

神奈川県出身の居候としては、弱い方を応援してしまいたくなるのが心情。
いや、でも、やっぱり勝ち進んで欲しい。駒苫。

土曜日の夕食時、北海道全土、かなりの家庭で只今、高校野球観戦タイムなんだろうな。

@With 人気Webランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-10

「鎌倉花火大会」よっ!

「鎌倉花火大会」よっ!
今日は鎌倉の人にとっては1年で一番大事な日。そう、「鎌倉花火」。

そろそろ由比ガ浜は人で溢れているんだろうなー。

最後に鎌倉花火に行ったのは2000年。世界放浪の旅に出る前。

鎌倉花火に行くと、いつも学校の同級生にばったり出逢う。
社会人になっても、結構それが続いた。この日は「何は無くとも鎌倉花火」って人が多い。

僕も新入社員の頃は、8月10日は会社休んで、昼真っから場所とりした。
位に鎌倉の人にとっては大事な日。

この鎌倉花火大会が終わると、「夏も後半戦」の気分になる。

という、地元の人にとっては大事な夏の節目イベント。

特に水中花火は圧巻。砂浜に花火が飛び込んでくる感じ。

あー、鎌倉花火行きたくなってきた。

鎌倉近郊の方、今宵は是非、由比ガ浜へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-09

「帯祝い」って?

「帯祝い」って?
今日はあいちゃんの御家族と一緒に買い物に行った。

最初に行ったのが「アカチャンホンポ」。ベビー用品の専門店。

あいちゃんのお姉さんのまちちゃんは9月上旬に出産を控えていて、色々と必要なものを揃える為にお
買い物。

いやー、ベビー用品って色々あるんだなぁ。

人事ではない。。来年2月には自分ごと。

店内をウロウロしていて気になったのが、「帯祝い」

これまたサイトで検索してみた。

以下サイトから
帯祝いとは、妊娠5ヶ月目(17〜20週)の戌の日に、妊娠を喜び、犬のように出産が軽くなること
を願い、岩田帯(腹帯)を締める習慣のことです。
●岩田帯は妻の実家が贈る
かつて子供は家を継ぐ大切な存在と考えられ、婚家の家長が儀式を主催し、妻の実家が儀式用に絹の紅
白二筋や寿の文字入りの岩田帯と、普段用の白木綿の帯一筋を贈っていました。
●子宝に恵まれた年長の女性が帯親を務める
一族の子宝に恵まれた年長の女性が帯親となり、妊婦のお腹に帯を巻き、「御着帯、おめでとうござい
ます」とお祝いの言葉を述べ、その後、仲人や両親、親戚がお祝いの膳を囲みます。絹の岩田帯は、赤
ちゃんの祝い着に仕立てられます。
●神社で安産祈願し身内で祝う
現在では、正式な帯祝いの儀式を行う人は少なくなりましたが、安産神社などに岩田帯を求める人は多
くいます。その後、夫婦で祝ったり、両親や兄弟姉妹を招いたりしてお祝いの席を設けてもいいでしょ
う。
神社のお祓い料は、神社により異なるので、神社に直接問い合わせてみましょう。
以上

あいちゃんは只今15週目。

戌の日に神社に行って見ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-08

アジェンダ21

アジェンダ21
やった! 9月1日から小樽の海岸沿い、忍路(おしょろ)にあるドームハウスを借りることが決まっ
た。忍路の名前にふさわしく、隠れ家の様な処。
窓からは水平線が見渡せる最高のロケーション。

7年ぶりに拠点が出来た。

これからドームハウスでエコ暮らし。

ということで、エコ暮らしと言えば、「アジェンダ21」。
これはポールに教えて貰った。

ネットで調べたら、こんな説明が出てきた。

ちょっと固い内容だけど、「アジェンダ21」、「こんなのがあるんだ。」と知っておくのは大事なん
だろうなー。

以下、サイトから

平成4年(1992)の6月にブラジルのリオデジャネイロで180か国が参加して、地球サミットとよばれる「
国連環境開発会議」が開かれたんだ。この会議 では、天然資源や電気・ガスなどのエネルギーを使いす
ぎたことによる環境破壊を反省し、地球環境を守りながら経済発展をめざす考え方を基本とする「環境
と 開発に関するリオ宣言」が出されることになったんだ。
 この宣言を具体的に実行するための行動計画が、「アジェンダ21」。アジェンダ(agenda)とは「取
り組んでいくべき課題」のことだから、アジェンダ21は「地球環境を守るための21世紀の課題」という
ことになるね。
 アジェンダ21をもとに、日本でも国の行動計画として、平成5年12月には「アジェンダ21行動計画」が
作られたんだよ。
 さらに、アジェンダ21はその実現のために、地方公共団体の役割に期待している。だから、効果的に
取組みが進められるよう、地方公共団体にも行動計画を作ることをもとめているんだ。

http://www.erc.pref.fukui.jp/info/a21.html
アジェンダ21」行動計画 【目次】------------------------------------

第1章 前文

セクションⅠ 社会的・経済的側面

第2章 開発途上国における持続可能な開発を促進するための国際協力と関連国
内施策
第3章 貧困の撲滅
第4章 消費形態の変更
第5章 人口動態と持続可能性
第6章 人の健康の保護と促進
第7章 持続可能な人間居住の開発の促進
第8章 意思決定における環境と開発の統合

セクションⅡ 開発資源の保護と管理

第9章 大気保全
第10章 陸上資源の計画及び管理への統合的アプローチ
第11章 森林減少対策
第12章 脆弱な生態系の管理:砂漠化と干ばつの防止
第13章 脆弱な生態系の管理:持続可能な山地開発
第14章 持続可能な農業と農村開発の促進
第15章 生物の多様性
第16章 バイオテクノロジーの環境上適正な管理
第17章 海洋、閉鎖性及び準閉鎖性海域を含むすべての海域及び沿岸域の保護
、及びこれらの生物資源の保護、合理的利用及び開発
第18章 淡水資源の質と供給の保護:水資源の開発、管理及び利用への統合的
アプローチの適用
第19章 有害及び危険な製品の違法な国際的移動の防止を含む、有害化学物質
の環境上適正な管理
第20章 有害廃棄物の違法な国際的移動の防止を含む、有害廃棄物の環境上適
正な管理
第21章 固形廃棄物及び下水道関連問題の環境上適正な管理
第22章 放射性廃棄物の安全かつ環境上適正な管理

セクションⅢ 主たるグループの役割の強化

第24章 持続可能かつ公平な開発に向けた女性のための地球規模の行動
第25章 持続可能な開発における子供及び青年
第26章 先住民及びその社会の役割の認識及び強化
第27章 非政府組織(NGO)の役割の強化:持続可能な開発のパートナー
第28章 アジェンダ21の支持における地方自治体のイニシアティヴ
第29章 労働者、労働組合の役割
第30章 産業界の役割
第31章 科学及び技術的コミュニティ
第32章 農民の役割の強化

セクションⅣ 実施手段

第33章 資金源及びメカニズム
第34章 環境上適正な技術の移転、協力及び対応能力の強化
第35章 持続可能な開発のための科学
第36章 教育、意識啓発、訓練の推進
第37章 開発途上国における能力開発のための国のメカニズム及び国際協力
第38章 国際的な機構の整備
第39章 国際法措置及びメカニズム
第40章 意思決定のための情報

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-07

「排泄物を循環出来なくなると、文明は後退する?」

「排泄物を循環出来なくなると、文明は後退する?」
「排泄物を循環出来なくなると、文明は後退する。」と誰かに聞いたことがある。

循環型の暮らしの研究材料として、としさんが貸してくれた石川英輔さんの「大江戸庶民色々事情」を
読んでいる。

やっぱり江戸時代の循環型生活の代名詞はウンチ。

室町時代にはすでにウンチやおしっこを肥料として利用していて、江戸時代には小便買いといって、ウ
ンチやおしっこを買い取る業者もいたそう。

じゃ、21世紀、トイレから流れる排泄物ってどうなっているんだろう?
循環されているのかな?

検索していたら、こんな文章を見つけた。

以下、非電化工房(http://www.hidenka.net/jtop.htm)のサイトから

「バ イオトイレ」の話をしよう。バイオトイレというのは、ウンチを微生物の力で分解して肥料に変え
てしまうトイレのことだ。肥料だから野菜や草木を育てる力が ある。野菜や草木の食料と言ってもいい
。その野菜を人間が食品として食べて、またウンチをして‥‥。つまりバイオトイレではウンチをする
ことは、役に立つ 資源を生産する尊い行為だ。だから、僕はバイオトイレでウンチをするのが大好きで
、バイオトイレを設置してある家を訪ねて行ってはウンチをさせてもらって いる。上手にできたバイオ
トイレでは嫌な臭いはまったくない。柔らかい土にウンチがスポッとくるまれて、1週間くらいで土の一
部になってしまう。その土を別な場所に移し、しばらくしてから草木にプレゼントする。 

  水洗トイレのことは知っているね。ウンチを水で下水に流す。水は川や湖から取水して、浄水場でき
れいにして、何十kmもの長距離を経て家に届く大切な資源 だ。この大切な水を大量に使って下水道に
流されたウンチは、何十kmもの長距離を経て下水処理場にたどり着き、そこで少しきれいにしてから
、川や湖に捨て られる。こうして捨てられたウンチは川や湖に住む魚や水草の栄養になるどころか、害
にしかならない。川や湖はマスマス汚くなる。その水を取水して、浄水場 できれいにして‥‥ところが
今度は水が汚すぎて、浄水場では十分にきれいにできない。害のある微生物だらけだ。困った。そこで
塩素をたくさん混ぜて微生物 を殺す。すると水道の水は不味くて飲めない。今度は塩素だらけでウンチ
だらけの水が下水道に流されて、川や湖に着く。魚や水草はもはや生息できない。こう してみると、水
洗トイレでウンチをするということは自然の環境を破壊する迷惑な行為だということがわかる。こうい
うことを知っていると水洗トイレでするウ ンチは一つも気持ちよくない。
以上

そうか。やっぱり、今の下水道、循環型とは言えない模様。

「世界でトイレすら持たない人は24億人もいる…なのに日本人は1回のウンチ(200g)で水10
l=なんと50倍!1回のオシッコ(1500cc)で水6l=なんと40倍!というたれ流している
。」

なんて文章も見付けた。

先月岩手の葛巻町の「森と風の学校」に行って、生まれて初めて「バイオガスプラント」を見た。排泄
物が液肥とメタンガスに分離されて、ビニール袋の中にメタンガスが溜まっていた。ホースの口から出
るガスにライターの火を近付けると、「ポっ」と優しい音を立てて蒼い火が付いた。「うぉー。」目か
らウロコだった。

バイオガスプラント、気になって居ります。

以下、バイオガスプラントを創った人のサイト。
http://homepage2.nifty.com/biogas/cnt/5case.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-06

「バックミンスター フラーという人」

「バックミンスター フラーという人」
昨日は忍路にあるドームハウスを見に行った。

賃貸の条件を詰める為に8日にもう一度訪ねることになった。

海が見渡せる最高のロケーションに建つ家。優しい波の音が心地よかった。

オーナーの女性はとても感じの良い人で、詩人のナナオ サカキさんと昔、諏訪瀬島で一緒だったそう
で、なんと、ナナオさんは忍路のドームハウスにも泊まりに来たことがあるそうだ。

「先週お逢いしたんですよ。」
あいちゃんが僕の帽子に書いてあるナナオさんのサインを見せた。

御縁があります。

さて、このドームハウスを考案した「バックミンスター・フラー」という人。

現代版レオナルド・ダビンチとも言われているそう。

「宇宙船地球号操縦マニュアル」って本を書いています。そうか、「宇宙船地球号」ってここから来て
るのか。

以下、

wikipediaから。

彼はこの書籍で、地球と人類が生き残るためには、個々の学問分野や個々の国家といった専門分化され
た限定的なシステムでは地球全体を襲う問題は解決 できないことを論じ、地球を包括的・総合的な視点
から考え理解することが重要であり、そのために教育や世界のシステムを組みなおすべきだとした。彼
は化石燃料や原子力エネルギーや鉱物資源などの消費について、彼独特の包括的アプローチを反映しな
がら次のように述べた。


「我々は、すでに手にしている科学力と技術力を適切に使えばすべての人類を幸せにすることが可能で
ある。世界を飲み込む産業の進化は、規則正しく 積み立てられ宇宙船地球号の船内に保存されてきた数
十億年分のエネルギーの貯金を、天文学的な歴史から見ればほんの一瞬の間に消費し続けるほど我々が
愚か であってはないことを規定している。これらのエネルギー貯金は、我々の宇宙船の『生命再生産保
障銀行』の口座の中に蓄えられてきたが、この口座を我々はセ ルフ・スターター部門(始動部門)のみ
に消費すべきである。」

フラーは、地球の歴史とともに蓄えられてきた有限な化石資源を燃やし消費し続けることの愚を説き、
これらの資源は新たな資源を地球外部(太陽など)から獲得するためだけに使われるべきだとした。彼
は人類が石油やウランといった貯金を切り崩すことなく、地球外から得るエネルギーの収入だけで生活
できる可能性がすでにあるのに、現存する経済や政治のシステムではこれが実現不可能であると述べ、
変革の必要性を強調した。

以上

ということを書いてます。この考えに則って、僕も自然エネルギーを活用した生活をして行きたいと思
う今日この頃でございます。

ということで、8日にドームハウスを再訪問。決まると良いなー。

この図は、C60といって、炭素原子が球状になっている「フラーレン」と呼ばれるもので、サッカーボー
ルと同じ形。この構造を使ったのがドームハウスだそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-05

「待っていました。8月5日」

「待っていました。8月5日」
この日を待っていた。楽しみにしていた。

今日の午後、小樽市忍路(おしょろ)の海岸線にあるドームハウスのオーナーと逢う。

もし借りることが出来たら、僕達の住処が出来る。

7年間の放浪生活に一旦の区切りが付いて、定住生活が始まる。

この7年間、同じ場所に2ヶ月以上居たことが無い。
この4年間は歩いて木を植える旅を続けてきた。

常に動き続けていた。その生活スタイルが今、変わろうとしている。

定住?何するの?歩いて木を植える旅は?

ここの処、自問自答しています。

答えは、今まで同様、動きながら出していきます。

定住するにあたり、この「ドームハウス」ちゃんが大事なキーワードになりそうです。

この文章を今、あいちゃんのご実家で書いています。
ここは小高い丘の上の住宅街。

窓からは向かいの山が見え、同じ位な高さの山の上には霧がかかっていて、中腹には住宅街。良く見る
と、僕の地元、鎌倉にもちょっと似ている。

街中も、結構坂が多くて、サンフランシスコみたいな雰囲気がちょっぴり漂う。

大き過ぎず、小さ過ぎず、心地よいサイズの街、小樽。

の、外れの海岸線のドームハウス。

借りられると良いなー。

(この絵は
http://www.lotus-tw.com/tabibito_folder/gen_folder/tabibito_menu.html
で見つけました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-04

トンパ文字「芽が出る」

トンパ文字「芽が出る」
以前にネット上で知り合い、未だ出逢ったことが無い、新潟市の岡島さんが送って下さったTシャツです。

綺麗な藍の生地に格好良いトンパ文字。

このデザイン、良いな〜。

トンパ文字は中国少数民族の文字だそう。

新潟の「欧州ぶどう栽培研究所」のカベルネ ソービニョン 赤ワインまで入ってました。

岡島さん、ごっつぁんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿オンパレード

寿オンパレード
小樽の旧、寿原邸で見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-03

山尾三省さんの遺言

山尾三省さんの遺言
先日、生まれて初めて屋久島に行く機会を頂いた。

白子山にある、今は亡き詩人の山尾三省さんの書斎を訪れた。奥さんがお茶を出して下さり、「ご自由にどうぞ。」と言われるがまま、僕は額縁に入った直筆の遺書を取り出した。原稿用紙に3枚半。その内容に圧倒された。愛する家族に残した内容は、要約すると以下の様な内容だった。

その1、神田川の水を飲めるようにして欲しい。
その2、原発の無い世の中にして欲しい。
その3、平和憲法9条を守り、広く世界に広めて欲しい。

そして、この3つを、市民運動でも良いが、個人運動で進めて欲しい。と締め括ってあり、特に「個人運動」には点が打ってあった。屋久島を訪れて以来、この内容が頭から離れない。なんという遺書だろう。愛する家族に残す最後のメッセージ。

家族への愛を突き詰めた時、それは結局地球を愛することと一緒だったということを示す3枚半の原稿用紙。これは今、広く日本国民、いや世界中の人に読んで貰うべきものでは無いかと感じている。

山尾さんは神田川の出身だと聞いた。屋久島の書斎の前には小さな川が流れていた。屋久島に行って驚いたことは、どの川の水も手ですくって飲めるということだ。これは鎌倉育ちの僕には信じ難いことだが、真だそんな場所が日本に存在することは大きな喜びだった。太鼓の昔、森と人間が共存していた頃、それは当たり前の事だった訳で、まさか飲み水を売買する時代が来るなんて当時の人は思っても見なかっただろう。

日本に55機ある原発に何かあれば、その屋久島の水でさえ、もう手ですくって飲むことは出来ないかもしれない。そして、憲法9条が無くなれば、日本の武力を恐れた近隣諸国が日本の原発に攻撃の標準を合わせるかも知れない。まさにこの3つはどれをとっても実現し得ない地球人の大命題だ。ではこの3つを実現する個人運動とは何か。これが正に、「木を植えること」だと感じている。

今年の春分の日に出雲を出発して、夏至に六ヶ所村到着を目指して歩いた正木高志さんは憲法9条の大切さを訴えながら木を植えて歩いている。正木さんは、「苗木は大地と人間を繋ぐコンセントのような役割。苗を植える時、人間は母なる地球と繋がることが出来る。」とおっしゃっている。

16年間世界中を歩き、特に2000年からは20世紀の戦争犠牲者1億人の為に1億本の「平和の木」を植える活動をしているポール・コールマン氏は、「地球に愛を与える(木を植える)と、地球はその何倍もの愛を返してくれる。」と言っている。

旅先の南アフリカで僕は偶然このポール氏に出逢い、彼の使命感に感銘を受け、一緒にアフリカを歩き、木を植えたのが4年前。気が付けば、僕は今、自身で歩き、木を植えている。野宿も多く、決して楽しいだけでは無い歩きの旅も、旅先で出逢った方達と木を植える際の喜びが元気の源になって、また先を目指す力に変わる。その繰り返しが何時の間にか自分を目的地に運んでくれる。

ポール氏が地球の緑を守りたい一心で始めた、歩いて木を植える旅。この旅が世界中に広がり、地球のあちこちを旅人が歩き周り、旅先で出逢う地元の方達と「平和の木」を植え続けていけば、山尾さんの夢は実現すると信じて、僕はこれからも地球を歩き、平和の木を植えていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-02

サイン

サイン
ナナオ サカキさんのサインを頂いた。

なんだかナナオさんの帽子みたい。

落としたらナナオさんの手元に届きそう。

拾った人、ナナオさん探し出すのに苦労しそう。
地球が「お家」のナナオさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十字架の前で詩の朗読をする男性

十字架の前で詩の朗読をする男性
世界を旅する詩人、ナナオ サカキさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種から育てた苗木

種から育てた苗木
子どもの家に贈呈したミズナラ。昨年の秋、雪印種苗の鈴木さん宅で種蒔きした苗木。

自分で種撒くと愛着湧きます。次は自分で育てた苗木を植えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌「子供の家」に苗木贈呈。チーム・アースデイ北海道とナナオサカキの突撃訪問

札幌「子供の家」に苗木贈呈。チーム・アースデイ北海道とナナオサカキの突撃訪問
久しぶりに札幌に来た。

7月31日は札幌の子供の家でお話と苗木を届ける機会を頂いた。

今回の経緯は、東京からNHKラジオの鈴木さんとう女性が取材に来てくれるという処から始まった。

東京からわざわざ来て下さるなら、何処かで子供達と木を植える機会を取材してもらおう。ということで、チーム・アースデイ北海道の頼れる姉御、目良さんに相談した処、目良さんが皆に呼びかけて下さり、今回の子供の家訪問が実現した。

子供の家は、週に1回、札幌市太平にある教会で、神父さんを中心に、地域の有志で開催される児童学校だ。たまたまタイミングよくそこにお邪魔させて頂いた。

火曜日の良く晴れた昼下がり。

チーム・アースデイ北海道の団結力は凄い!
10人以上の仲間が集まってくれた。

7月1日に屈斜路湖で別れて以来、ご無沙汰していた仲間に、7月最後の日にこういう形で再会出来て嬉しかった。

苗木は、来年子供の家が移転するかもしれないということで、今回はプランターに植えさせて貰った。


雪印種苗の鈴木さんのお宅に昨年の11月にお邪魔した時に植えたミズナラの種が立派な苗木に育っていて、今回はその苗木と、鈴木さんから頂いた野菜の種をプレゼント出来た。

集まった皆が、「地球のこんな処が好きだよ」って話をしてくれた。
ヒロくんがアースデイ北海道の話をしてくれた。
としさんが、絵本の朗読をしてくれた。

大川くんの絶妙の司会進行で、ほのぼの、楽しい時間が過ぎた。

そして、最後は超スペシャルゲスト。

世界の詩人、ナナオサカキさんが詩の朗読をしてくれた。これも大川くんのアレンジで実現。

大川くんの説明。
「えー、こちらは旅をしながら木を植えているナカタニさん、そしてこちらは(ナナオさんを紹介しながら)旅をしながら、」

「ぼんやりしてます。」

とナナオさん。一同大爆笑。

「僕はねえ、ジャングルで虎に逢ったことがある。凄い迫力だ。皆も一度逢った方が良い。偉い人なんかに逢わなくても良いから、皆さん、虎に逢いなさい。」

それから、ゆっくりと詩の朗読をしてくれた。

十字架の前で詩を朗読する白髪、白髭のナナオさん。聖人のようだった。いや、やっぱりナナオさんは聖人に違いない。

鳥の鳴き声を真似したり、おならの音をまねしたり、最後は子供達が集まってくる。満面の笑みで子供達に囲まれるナナオさん。

その日はふーみんさん宅で遅くまで盛り上がった。

2007年7月の最後の日に、ナナオさん(七夫さんは10人兄弟で、7番目の男の子だそう)と一緒に時間を過ごせて、チーム・アースデイで集まることが出来た。

楽しかったー。

チーム・アースデイ北海道、次の展開が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »